大阪の外壁塗装・屋根塗装、サイディングの張替え、防水工事などの外装リフォームは街の外壁塗装やさん吹田店へ。

外壁の塗り替えなら街の外壁塗装やさん吹田店

街の外壁塗装やさん吹田店

〒564-0043

大阪府吹田市南吹田5-2-5

TEL:0120-920-841

FAX:06-6310-7758

おかげさまで吹田市、豊中市や大阪市で多くの外壁の塗り替えご検討中のお客様に選ばれています
お問い合わせ 点検・調査・お見積り・ご相談など無料で承ります!

お電話でのお問い合わせ

phone0120-920-841

[電話受付時間] 9時~20時まで受付中

メールでのお問い合わせ

コラム


外構の金属部材は2~3年毎の手入れが必要です。 new画像

外構工事では金属部材が使われることが多くあります。その材質が鋼製の場合には 防錆処理はされているものの、経年劣化により錆は発生してきます。   金属部材を大気中の汚れからいかに守るかが問題で、定期的かつ継続的な 手入れが必要です。埃・排気ガス・金属粉・塩分が付着したままにしておく…
続きを読む

これからの住宅メンテナンスアドバイダ―の責務 new画像

住宅は、命と財産を守る重要なもののはずですが、車の様な家検制度は有りません。 地震、台風、雨漏りなどへの対応も持ち主にお任せになっています。 定期的な点検制度もありません。住宅会社が独自に設定していますが 住宅会社よりの点検になりがちです。   本来は10年に1度位の家検制度があ…
続きを読む

メンテナンスをすれば家の寿命は半永久 new画像

日本の住宅は現状平均30年サイクルでの解体撤去、建て替えを繰り返しています。 我々は常に住宅ローンの残っている住宅に住むことになります。 この意味するところはサラリーマンが永久に豊かさを実感できないということです。 ローンが終わった途端に建て替えの時期がやってきて、すぐに新しいロ…
続きを読む

ライフサイクルエネルギーを削減する方法 new画像

ライフサイクルエネルギーという考え方があります。 この考え方は重要な概念です。人が住む住宅においては、きわめて長期間 にわたり、エネルギーが継続して必要になります。   ライフサイクルエネルギーは4段階に分かれます。 第1段階 建設前の段階で建築材料などを作るのに莫大なエネルギー…
続きを読む

日本の住宅はメンテナンスすれば何年持つのか? new画像

日本の住宅の寿命は諸外国に比較して圧倒的に短いです。 日本の住宅は平均で30年だそうです。アメリカでは100年、ドイツでは80年 と言われています。日本の住宅は木造軸組み工法が多いのですが、アメリカは ツーバイフォー工法です。同じ木質系の住宅でなぜ3倍以上も違うのでしょう。 建物…
続きを読む

庇と外壁の取り合いからの雨漏りに注意 new画像

♦既製品の庇の問題点 既製品の庇の問題は、雨漏りの原因になる事と、外壁左官取り合いのヒビ割れを 誘発することです。既製品の庇では、庇の上部立ち上がりコーナーの板金が 一体化せずに折り曲げただけという部材が流通していました。 当然庇コーナー部の防水テープの施工も、下葺き材の施工もう…
続きを読む

外部に露出する木部には塗装が必要です。 new画像

日本の高温多湿気候の中で木部を外部に露出することは建物の管理上の リスクになります。また、雨水や紫外線といった環境条件が悪いため その分いい材料を使わなければなりません。 並みのレベルの材料であればすぐに反り、ヤニ、割れなどが出てくるためです。 木部を露出させるのは贅沢な仕上げだ…
続きを読む

外壁シーリング材はどれくらいもつのか? new画像

♠シーリング材には寿命があるの? 外壁材のジョイント部分などにシーリング材を施工します。 雨漏りを考えると、シーリング材は外から見える所ですから、1次防水に該当します。 1次防水から多少雨水が侵入しても下葺き材である2次防水がしっかり施工していれば 簡単に雨は漏れません。建築現場…
続きを読む

外壁のタイルはメンテナンスフリーか? new画像

コストの関係上外壁の仕上げに吹付塗装を行う事が通常になっていますが メンテナンスの必要上10年毎に足場を組んで再塗装をする必要があります。 足場は仮設工事になります、工事が終わると解体撤去します。 残らないものにお金をかけるのはナンセンスという発想からメンテナンスフリー と称して…
続きを読む

モルタル外壁のヒビ割れをなくすことは無理なのか? new画像

昔の建物の大半はモルタルで外壁を仕上げる工法が一般的でした。 近年ではサイデイング板やALC 板等様々な外壁材が開発され種類、柄、デザインも豊富になり モルタル外壁も少なくなってきている現状ですが以前根強い人気があるのも事実です。 モルタルはセメント、砂、水を混ぜ合わせ外壁に左官…
続きを読む

冬場の塗装工事での注意点 new画像

冬場の外壁塗装はどうすれば成功するのでしょうか、又絶対やってはいけないことがあるのでしょうか。 冬場の塗装工事の注意点をまとめてみました。 結論から申しますと積雪地域以外では冬場に塗装工事をしても何ら問題は有りません。 塗料メーカーの仕様書を見ると摂氏5度以下では施工しないように…
続きを読む

外壁塗装業者の選び方 №2(書面での確認) new画像

書面での契約書や詳細な見積書が有るか。 リフォーム工事でよくあるトラブルが「言った」「言わない」などの口約束に関するものです。工事を始める前には契約書をしっかり書面でもらいましょう。   契約する前には、その場で内容を1つ1つをよく確認してから、契約しましょう。詳細な見積書を作成…
続きを読む

結露対策を考える new画像

1.なぜ結露は起こるのか 結露の原因は室内の空気が急激に温まると空気中に含まれる水分が水滴となり現れる現象をいいます。 室内温度と外の温度が同じならば結露は発生しません。 外出先から帰宅した直後は結露は発生していないと思います。帰宅して暖房を入れると徐々に 室内の温度が上がり結露…
続きを読む

外壁サイデイング貼りの通気工法とはどんなメリット、デメリットがあるのか。 new画像

木造住宅の外壁の中は外部からの湿気や内部からの湿気が常に入り混じっている状況に曝されています。 その結果内部結露やカビによる健康被害等が報告されています。結露によって躯体の木材が腐蝕し 建物の耐久性に大きく影響を与えます。こういう状況を打破するために通気工法が生まれました。 その…
続きを読む
吹田市、豊中市、大阪市、茨木市、高槻市やその周辺のエリア、その他地域で外壁・屋根の塗り替え、リフォーム前の無料点検をお考えの方へ

住まいの塗り替え、リフォームの点検、お見積りなら街の外壁塗装やさん吹田店

ご不明点やご相談など塗装のことなら
何でもお問い合わせください。
お電話でのお問い合わせ 9時~20時まで受付中
phone0120-920-841
外壁の塗り替えに関するご相談は吹田店にお気軽にお問合せ下さい!