大阪の外壁塗装・屋根塗装、サイディングの張替え、防水工事などの外装リフォームは街の外壁塗装やさん吹田店へ。

外壁の塗り替えなら街の外壁塗装やさん吹田店

街の外壁塗装やさん吹田店

〒564-0043

大阪府吹田市南吹田5-2-5

TEL:0120-920-841

FAX:06-6310-7758

おかげさまで吹田市、豊中市や大阪市で多くの外壁の塗り替えご検討中のお客様に選ばれています
お問い合わせ 点検・調査・お見積り・ご相談など無料で承ります!

お電話でのお問い合わせ

phone0120-920-841

[電話受付時間] 9時~20時まで受付中

メールでのお問い合わせ

大阪市で倉庫増築の外部サイデイングを貼っています。


倉庫の外壁には断熱材付の金属サイデイングを貼っていきます。金属サイデイングは防音効果もあり軽量で

扱いやすい外壁材です。柄やデザインも豊富に揃っているので選ぶのに迷いますね。その中でも最も人気

が有るのがタイル柄です、見た目も重厚な感じで耐久性もよくなっているのでこれから増々需要が増える

でしょう。

金属サイデイングを貼っていく前には透湿防水シートを全面に貼ります。万が一にも雨が侵入した場合に備えています。

材質はポリエチレン不織布というものです、湿気を調節し水に強い特徴のある材料です。窓廻りは防水テープを使って

防水処理をします。雨水は思いがけない所から侵入する場合があるので完璧な防水対策が必要です。

サイデイング用水切り部材

サイデイングの施工時には一番下部分に水切りという部材を取り付けます。この部材はサイデイングの下部に

溜まる水分や湿気をカットする役目があります。雨水は上から下へと流れるため下部が一番湿気が残りやすい

場所になります。サイデイングにとって湿気は一番の敵になります。最終的に水分は水切り部分に溜まるように

なりサイデイング板を通過していきます。水切り部材は錆に強いガルバリウム鋼板を使用していますので安心

です。

左右接合部ハットジョイナー

サイデイング板の長さは約3.6mになっています、左右の継ぎ目にはハットジョイナーという金具を使って

固定していきます。窯業系サイデイングの場合はシールで防水をしますが金属サイデイングの場合は

シール材を使わず金物部材で防水処理をしていきます。シール材を使用した場合は10年ごとに打ち替え

が必要になりますが金物部材だと長期にわたり取り替えの必要が有りませんので経済的です。

出隅用金具

建物の角には出隅用の専用金具を取り付けます。

金属サイデイングの長所は耐震性、断熱性、遮音性にあります。

重量はモルタル壁の10分の1です。住宅構造が同じなら

地震の影響を受けにくくなり建物への負担を軽減します。

金属サイデイングは重なり部分のビス止めの方法にも

工夫をこらし地震の揺れの際にも外壁の変形を防ぐ

工法を取り入れています。そして地震によるヒビ割れ

が生じることが有りません。

金属サイデイング見切り部材

今回の工事は増築になり既存の建物に継ぎ足す感じになります。

継ぎ目部分にも専用の部材を使って雨が入らないように処理します。

モルタル壁どうしの場合ひび割れが入る可能性は高くなりそこからの雨漏りといった事態が沢山有ります。

その点金属サイデイングとモルタル壁との接合に見切り金具を入れシール材で隙間を埋めていく工法

の方が雨漏りの危険性は低下します。

瓦棒屋根

屋根はガルバリウム鋼板で葺きました。ガルバリウム鋼板は55%がアルミの鋼板です。

したがって錆に強くて長持ちする材料です。昔のトタンと比べても格段に耐久性は向上しています。

超軽量なので地震の揺れにも影響を及ぼすこともありません。

外壁は金属サイデイング屋根はガルバリウム鋼板の組み合わせは耐震性能のアップに繋がります。

同じ工事を行った施工事例

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ
new画像

ブログアイコン 淀川区にて現場調査に伺いました。

淀川区にて現場調査の依頼を頂きましたので、そちらの様子をご紹介します。 こちらのお宅は3階建ての一軒家になります。 外壁はサイディングボードで、屋根はカラーベストになります。 外壁の塗装を考えておられた時に、今回の台風21号がやってきて想定… 続きを読む
new画像

ブログアイコン 大阪市淀川区で木造2階建ての外壁の地震被害の調査に伺いました。

大阪市淀川区で地震の被害調査に伺いました。前面はタイル貼りでその他はモルタル壁になっています。タイル面はほぼ全壊状態です。   前面にベランダが有りますが、腰壁部分の内側は激しく剥離していますので非常に危険な状態になっています。修復するまで… 続きを読む
new画像

ブログアイコン 吹田市で地震被害による外壁調査を行っています。

現状の外壁仕上げ材はリシン吹付になっています。リシンは塗料と珪砂を混ぜたものをコンプレッサーを使って吹き付けていきます。   表面の仕上げがざらざらの凹凸が有る為、汚れやすい材料です。特にサッシ廻りから雨だれがよく目立つ状態になっています。… 続きを読む
吹田市、豊中市、大阪市、茨木市、高槻市やその周辺のエリア、その他地域で外壁・屋根の塗り替え、リフォーム前の無料点検をお考えの方へ

住まいの塗り替え、リフォームの点検、お見積りなら街の外壁塗装やさん吹田店

ご不明点やご相談など塗装のことなら
何でもお問い合わせください。
お電話でのお問い合わせ 9時~20時まで受付中
phone0120-920-841
外壁の塗り替えに関するご相談は街の外壁塗装やさん吹田店に