大阪の外壁塗装・屋根塗装、サイディングの張替え、防水工事などの外装リフォームは街の外壁塗装やさん吹田店へ。

外壁の塗り替えなら街の外壁塗装やさん吹田店

街の外壁塗装やさん吹田店

〒564-0043

大阪府吹田市南吹田5-2-5

TEL:0120-920-841

FAX:06-6310-7758

おかげさまで吹田市、豊中市や大阪市で多くの外壁の塗り替えご検討中のお客様に選ばれています
お問い合わせ 点検・調査・お見積り・ご相談など無料で承ります!

お電話でのお問い合わせ

phone0120-920-841

[電話受付時間] 9時~20時まで受付中

メールでのお問い合わせ

地震の被害があった屋根の葺き替えが吹田市で着工


瓦の葺き替えはかなりの重労働です(^^ゞ

古い瓦屋根は瓦の下に土が載せてあります。  

この酷暑のなか、瓦を数枚ずつ降ろし、土埃に耐えながらひたすら瓦・土を取り除く。

屋根面積50㎡くらいのそれほど大きくない屋根でも、瓦を撤去して雨に降られても良い状態にするまで丸2日かかります。

勾配がきつかったり、作業性が悪いとそれ以上かかることも。

土を取り除くと防水の役割を持つ、木を薄く削いだもの(トントンと言ったりします)が出てきます。

もう少し新しい建物では、黒い防水紙が使われていますね。

どちらも30年くらい経過すると、穴だらけに劣化していることも少なくありません。

瓦の隙間から雨が吹きこんだりすると、雨漏れに繋がります。

通常は木の皮は撤去せずに残したまま作業するのですが、この現場では撤去して下地の荒板を露出させました。

理由は、下地の構造が元々弱く(垂木という下地が細く、間隔が広いのです)、不用意に歩くと荒板を踏み抜いて落下する危険があるためです。

1日でなんとかすべての瓦と土を降ろし終わりました。

念のためブルーシートを前面に掛けて、1日目の作業は終了しました。

屋根作業は晴天が続くときでないとできないので、天気予報はかなり頻繁に見ています。最近はスマホで雨雲の状況まで見られるのでとても助かっています。

2日目は下地工事です。

今回は瓦からカラーベストという薄型の屋根材に葺き替えるため、高さをかさ上げする必要がありました。

35mm角の角材を取付け、その上から構造用合板を張付けます。

ここまでくればかなりしっかりした屋根になるので、安心して歩けます。

屋根材を葺く前準備の最後に、「アスファルトルーフィング」という防水性のあるシートを軒先から順に敷き詰めます。

ここまで終われば雨に降られても大丈夫な状態になります。

同じ工事を行った施工事例

同じ地域の施工事例

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ
new画像

ブログアイコン 大阪市港区で工業施設の外壁改修の現場調査、危険な箇所も多い

大阪市港区の工業地帯にある施設の外壁改修工事のお見積もりをご依頼いただきました。 弊社で数年前に搭屋の塗装工事をさせていただいたご縁で今回もお声がけいただきました。 今回は屋上と搭屋を除いた外壁4面全ての改修工事を想定してお見積りを作成させ… 続きを読む
new画像

ブログアイコン 大阪市内の神社へ1年以上前の台風及び地震被害の調査に伺いました。

大阪市大正区の天満宮へ台風被害の調査に伺いました。   被害が有ったのは社務所にあたる建物です。台風から1年以上経過しての調査になります。   台風直後は弊社が忙しいのがわかっていたので、ある程度落ち着く時期まで待っていたそうです。   気… 続きを読む
new画像

ブログアイコン 大阪市内の3階建てビルは間口4.2mです。意匠性を求められています。

大阪市内の3階建てビルの間口は4.2mです。オーナーは意匠性を重視したいので、いろんな提案を希望されています。   現状は前面に角波鉄板貼りで仕上げています。近隣の建物との調和も考える必要もあります。   大阪市内の建物は間口が狭く、外観的… 続きを読む
吹田市、豊中市、大阪市、茨木市、高槻市やその周辺のエリア、その他地域で外壁・屋根の塗り替え、リフォーム前の無料点検をお考えの方へ

住まいの塗り替え、リフォームの点検、お見積りなら街の外壁塗装やさん吹田店

ご不明点やご相談など塗装のことなら
何でもお問い合わせください。
お電話でのお問い合わせ 9時~20時まで受付中
phone0120-920-841
外壁の塗り替えに関するご相談は街の外壁塗装やさん吹田店に