大阪の外壁塗装・屋根塗装、サイディングの張替え、防水工事などの外装リフォームは街の外壁塗装やさん吹田店へ。

外壁の塗り替えなら街の外壁塗装やさん吹田店

街の外壁塗装やさん吹田店

〒564-0043

大阪府吹田市南吹田5-2-5

TEL:0120-920-841

FAX:06-6310-7758

おかげさまで吹田市、豊中市や大阪市で多くの外壁の塗り替えご検討中のお客様に選ばれています
お問い合わせ 点検・調査・お見積り・ご相談など無料で承ります!

お電話でのお問い合わせ

phone0120-920-841

[電話受付時間] 9時~20時まで受付中

メールでのお問い合わせ

高槻市でALC3階建て外壁と急勾配の屋根工事を施工中


架設足場

外装工事には足場が必要です。足場の周りには飛散防止用のシートを貼り、近隣への配慮をしなくてはなりません。工事中は大なり小なり、近隣の皆様にご迷惑をお掛けすることになるので、工事前の挨拶も欠かせません。

屋根材落下
軒樋排水口

足場の架設後にいろんな発見が有ります。屋根材の一部が軒樋の中に落下していました。小さなカケラなので雨漏りに繋がる事はないと思いますが、長く放置しておくと影響が出るかもしれません。

 

外壁塗装の際には軒樋の清掃も行っています。足場があると簡単に作業できるので、サービスの一環として行っています。今の所つまりなどの不具合は見受けられませんでした。

リブ調ALC板
チョーキング現象

高槻市の現場は外壁がリブ調のALC板です。この外壁材は凸凹だらけのため施工に時間が掛かるのが特徴です。刷毛とローラーを使い分けて塗っていきます。普通の外壁材の2倍くらいの時間が掛かりそうです。

 

前回の塗装から15年くらい経過しているそうです。チョーキング現象と言って手で触ると白い粉が付きます。こういう現象が出ると塗膜が劣化して防水の役目を果たしていないという事になります。

 

もう少し早めの時期に施工しておいた方がよかったと思います。今の所雨漏りはしていないそうです。

シーリング打ち
窓廻りシーリング打ち

ALC 板は断熱性が高い外壁材という事で多くの建物で使われていますが、継ぎ目部分のシーリングと塗装によって防水機能を保持しています。シーリング材が劣化し剥離すると、雨漏りに繋がりますので、定期的なメンテナンスが必要です。

 

窓廻りもシーリングで防水処理しているので、定期的に劣化の具合を点検し早めのメンテナンスが求められます。シーリング材の寿命は10年前後と言われていますが、建物の立地環境によっても大きく影響しますので、一概には判断できません。

 

また、ALC板は塗装が劣化すると、水分を吸い込む性質があるので注意が必要です。雨漏りしてからでは遅いので定期的な点検とメンテナンスが建物の耐久性を維持することになります。

ヘアークラック
クラック発生

外壁には必ずと言っていいほど、クラックが発生します。年数が経過すると、振動や乾燥収縮や地震など外的要因による力が加わりクラックが発生します。

 

そのクラックをあまり長期間放置しないで適切な工法で処置することが大切です。クラックの幅のよって処置の方法も変わってきますので、適切な工法で処置することで防水性能を維持することに繋がります。

ベランダクラック
ベランダ笠木シーリング剥離

ベランダも劣化が激しい状態になっています。雨漏りしていないのが不思議な感じです。前回の防水は完全に剥離している状況です。こちらのベランダは下の部分が部屋でないのが救いですね。

 

笠木とタイルの取り合いにシーリングを打っていますが劣化して剥がれています。この部分もシーリングの打ち替えが必要になります。ベランダの防水工事も予定に入いっていますが、防水の工法も多種多様にわかれ、現状の下地状況や形状などを考えて工法を選定します。今回の工法はウレタン防水通気緩衝工法に決定しました。

同じ工事を行った施工事例

同じ地域の施工事例

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ
new画像

ブログアイコン 吹田市で改修工事中4階建てビルも完工目前まで仕上がっています

吹田市にある4階建てのビルで改修工事をおこなっていた現場は いよいよ完工が目前となってきました。足場を外すのが楽しみです。   経年劣化と台風、地震で様々な被害を受けてボロボロだったこの建物。 屋根を葺き替え、外壁を補修、塗装し屋上防水を行… 続きを読む
new画像

ブログアイコン 箕面市のモルタル外壁をラジカル制御型塗料で塗装中の現場です

箕面市で築18年2階建て住宅のモルタル外壁の塗装工事が いよいよ最終段階に入りましたのでご紹介したいとおもいます! この現場の下塗りの様子はコチラ← 下塗りが終了し、乾燥したので中塗りに入った写真です。 下塗りと同様に散りを刷毛で仕上げてか… 続きを読む
new画像

ブログアイコン 箕面市の2階建て木造住宅で外壁塗装の下塗り作業中です

箕面市の築18年2階建て木造住宅でモルタル外壁の下塗りを行っています。 下塗り材には微弾性フィラーを使用。微弾性フィラーとはどんなものなのか それについても詳しくご説明させていただきたいと思います。 前の工程の記事はコチラ←   こちらの現… 続きを読む
吹田市、豊中市、大阪市、茨木市、高槻市やその周辺のエリア、その他地域で外壁・屋根の塗り替え、リフォーム前の無料点検をお考えの方へ

住まいの塗り替え、リフォームの点検、お見積りなら街の外壁塗装やさん吹田店

ご不明点やご相談など塗装のことなら
何でもお問い合わせください。
お電話でのお問い合わせ 9時~20時まで受付中
phone0120-920-841
外壁の塗り替えに関するご相談は街の外壁塗装やさん吹田店に