大阪の外壁塗装・屋根塗装、サイディングの張替え、防水工事などの外装リフォームは街の外壁塗装やさん吹田店へ。

外壁の塗り替えなら街の外壁塗装やさん吹田店

街の外壁塗装やさん吹田店

〒564-0043

大阪府吹田市南吹田5-2-5

TEL:0120-920-841

FAX:06-6310-7758

おかげさまで吹田市、豊中市や大阪市で多くの外壁の塗り替えご検討中のお客様に選ばれています
お問い合わせ 点検・調査・お見積り・ご相談など無料で承ります!

お電話でのお問い合わせ

phone0120-920-841

[電話受付時間] 9時~20時まで受付中

メールでのお問い合わせ
  • HOME 
  •   > ブログ > 大阪市住吉区で外壁塗装とシーリング打ちの調査に行ってきました。

大阪市住吉区で外壁塗装とシーリング打ちの調査に行ってきました。


ALC造3階建て
鉄骨ALC
チョウキング現象

♦外壁塗り替え時期の見分け方

大阪市内では建物の周りは30cm~40cmの間隔しかない建物が多数建っています。

今回の現場調査はお隣の建物が最近解体してしばらく空き地になるようでこの作業しやすい機会に

足場を架設し外壁の塗り替えを計画しています。私たち業者としても広い場所での工事は有り難い

事です。作業も効率よく進むので有り難い話ですね。この建物は築40年で今まで2回外壁塗装を

行ったという事で。御主人も高齢でこれが最後の塗り替えになるだろうと冗談まじりに話しておられました。

鉄骨ALC造なので目地、サッシ廻りのシーリング打ちが必要になりますので普通のモルタル外壁に

比べると費用は割高になります。現場調査の結果外壁を手で触るとチョウキング現象がおこっています

ので丁度塗り替えの時期に来ています。

ALC目地
目地補修跡
窓廻りクラック

♦ALCの外壁にはなぜシーリング打ちが必要か?

ALC板とはセメント、生石灰、珪石などを高温の蒸気をかけ凝固させた板状のものです。

軽量気泡コンクリートとも呼ばれています。スエーデンで最初に開発されたと言われています。

内部に無数の気泡があり耐火性、断熱性に優れた材料です。厚み、柄、大きさも種類は豊富に

そろっています。主に鉄骨の下地にビス止めで施工していきます。

一番多く使われているのが60cmX3m厚み10cmの物です。1枚ずつ鉄骨に止めていきますので

継ぎ目がどうしても発生することになります、そのままだと隙間から建物内に雨が侵入します。

雨水の侵入を防ぐためにシーリングを打って防水する必要があります。シーリング材も10年前後で

弾力がなくなり建物の揺れなどでひび割れします。そこから雨水が侵入する可能性が高まります。

そういった理由からALC板にはシーリング打ちは絶対必要になります。本体も気泡だらけのコンクリート

なので塗装で防水が絶対条件になります。そんな理由からALC板は塗装とシーリング工事は一体化

していると言っても過言ではありません。

基礎と外壁取り合い
樋塗装劣化

♦見落としがちな施工部位

ALC板の場合最も重要な作業がシーリング打ちになります。縦横の目地はもちろんサッシ廻りも

シールを打つ必要があります。そして忘れがちな場所が基礎と外壁との取り合いです。

この部分も雨が滞留しやすい場所になるので雨漏りの多い箇所になりますので注意が必要です。

この部分も忘れずにしっかりシーリングを打つことです。基礎内部に雨水が侵入すると建物が湿気

の影響を受けシロアリ被害や構造体に悪影響を与え建物の耐久性にも問題が出てきます。

建物を湿気から守る事がシーリング打ちの重要課題とも言えます。

そしてもう1つ気を付けてほしい箇所が樋の受け金具足元です。この部分は外壁に直接打ち付けています。

金具の足元から壁内に雨水が侵入した事例も有りますのでこの部分もシーリングを打つことを

お勧めします。きめ細かい配慮が建物を雨漏りから守ることに繋がります。

増築部分取り合い
外壁ツートン仕上げ

♦増築部との取り合いにご注意

10年位前に増築をしたそうです、増築部分は金属サイデイング貼りになっています。

既存建物との取り合い部分に隙間が見えます。雨が入る可能性が有り危険な状態です。

今の所雨漏りはしていないようですが気が付かない程度の雨水は侵入していると思います。

コーキング材で塞ぐ必要があります。増築の場合外壁を既存外壁と違う材質で施工する場合は

隙間が出ないように工夫する必要があり防水に配慮することが大事です。増築工事は既存建物

にとって負荷がかかる場合が多いので慎重な施工が求められます。

同じ工事を行った施工事例

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ
new画像

ブログアイコン 豊中市で大阪北部地震被害の調査に伺いました。

豊中市で北大阪地震の被害調査を行っています。木造2階建て築40年くらい経過しています。 クラックの発生と欠損部が沢山見られます。屋根も気になる所ですが下から見る限りでは被害はなさそうです。 屋根は軽量瓦セキスイU瓦を使っていますね。この瓦は… 続きを読む
new画像

ブログアイコン 尼崎市にて、外壁塗装・屋上防水工事を行う現場の足場工事が着工しました。

先日、尼崎市の外壁塗装と屋上防水工事を行う現場にて、足場の組み立て工事が着工しました。   今の時期、地震や台風の影響でいたる所に足場が組み立てられており、なかなか足場屋さんが来てくれない中、ようやく工事着工になりました。   今回の現場は… 続きを読む
new画像

ブログアイコン 吹田市で2階建て戸建ての外壁・屋根塗装工事が着工しました。

吹田市で2階建ての外壁と屋根の塗装工事が着工しました。工事のきっかけとしては、台風21号の影響でカーポートの屋根が外れているとのことで一度外壁の無料点検をついでにしてもらおうとのことでお電話を頂きました。築年数も20年になり一度も外壁や屋根… 続きを読む
吹田市、豊中市、大阪市、茨木市、高槻市やその周辺のエリア、その他地域で外壁・屋根の塗り替え、リフォーム前の無料点検をお考えの方へ

住まいの塗り替え、リフォームの点検、お見積りなら街の外壁塗装やさん吹田店

ご不明点やご相談など塗装のことなら
何でもお問い合わせください。
お電話でのお問い合わせ 9時~20時まで受付中
phone0120-920-841
外壁の塗り替えに関するご相談は街の外壁塗装やさん吹田店に