大阪の外壁塗装・屋根塗装、サイディングの張替え、防水工事などの外装リフォームは街の外壁塗装やさん吹田店へ。

外壁の塗り替えなら街の外壁塗装やさん吹田店

街の外壁塗装やさん吹田店

〒564-0043

大阪府吹田市南吹田5-2-5

TEL:0120-920-841

FAX:06-6310-7758

おかげさまで吹田市、豊中市や大阪市で多くの外壁の塗り替えご検討中のお客様に選ばれています
お問い合わせ 点検・調査・お見積り・ご相談など無料で承ります!

お電話でのお問い合わせ

phone0120-920-841

[電話受付時間] 9時~20時まで受付中

メールでのお問い合わせ

箕面市の現場今日は外壁の下塗りと軒天ペンキ塗りです。


外壁下塗り完了
クラックコーキング処理

箕面市で施工中の現場です。下塗りが完了した状態です。今回の下塗りは弾性フィーラーパターン付けで施工しています。厚塗りになるのでヘアークラック程度ならば下地処理なしでOKです。フィーラーでクラックを詰める事が出来ます。

 

大きなクラック部分はコーキング処理をして弾性フィーラーでパターンをつけていきます。施工中の建物はクラックが少なくて、下地処理の作業が少なくて済むので工程が早く進みそうです。

軒裏ローラー塗り
軒裏刷毛塗り

塩ビ製の軒裏をペンキで仕上げていきます。使う道具はローラーと刷毛の両方を使って施工します。細かい部分は刷毛塗り、平面の広い部分はローラーを使って塗っていきます。お互いの分担を決めて2人で効率よく塗っていきます。毎日の作業から効率の良い仕事の仕方が生まれてくるのですね。職人はいかに早く、確実に仕上げる事が出来るのかを毎日摸索しながら作業をしています。

破風板塗装仕上げ

塩ビ製の破風板です。継ぎ目部分のシーリングが劣化し剥離していました。シーリングを打ち替え塗装して仕上げました。

 

破風板は住宅のなかでどんな役目をはたしているのかご存じですか、破風板という言葉は、聞いた事があるという方も多いと思いますが、何のために付いているのか知っている方は少ないと思います。破風板は防風、防雨、防火のために付いています。

 

台風時の下から吹き上げる風や雨を建物内に浸入させない役目があります。火事の場合炎が屋根裏に回るのを防ぐ役目もあります。昔からの知恵が現在に生かされている訳です。

軒裏塗装

住宅の軒は出が大きい方がいろんな面で意義があります。夏場は日光を遮り室内の温度上昇を防ぐ役割が有ります。

 

その他、外壁に風雨が直接当たる部分が減少するので、外壁の劣化を最小限にとどめる事ができ、

メンテナンス費用の削減に繋がります。

 

 

最近の建物では狭小地が影響している場合や、デザインの関係で軒の出が0に近い住宅もよく見かけます。

デザインを重視するあまり実生活に悪影響を与える住宅では意味が有りません。

同じ工事を行った施工事例

同じ地域の施工事例

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ
new画像

ブログアイコン 吹田市で改修工事中4階建てビルも完工目前まで仕上がっています

吹田市にある4階建てのビルで改修工事をおこなっていた現場は いよいよ完工が目前となってきました。足場を外すのが楽しみです。   経年劣化と台風、地震で様々な被害を受けてボロボロだったこの建物。 屋根を葺き替え、外壁を補修、塗装し屋上防水を行… 続きを読む
new画像

ブログアイコン 箕面市のモルタル外壁をラジカル制御型塗料で塗装中の現場です

箕面市で築18年2階建て住宅のモルタル外壁の塗装工事が いよいよ最終段階に入りましたのでご紹介したいとおもいます! この現場の下塗りの様子はコチラ← 下塗りが終了し、乾燥したので中塗りに入った写真です。 下塗りと同様に散りを刷毛で仕上げてか… 続きを読む
new画像

ブログアイコン 箕面市の2階建て木造住宅で外壁塗装の下塗り作業中です

箕面市の築18年2階建て木造住宅でモルタル外壁の下塗りを行っています。 下塗り材には微弾性フィラーを使用。微弾性フィラーとはどんなものなのか それについても詳しくご説明させていただきたいと思います。 前の工程の記事はコチラ←   こちらの現… 続きを読む
吹田市、豊中市、大阪市、茨木市、高槻市やその周辺のエリア、その他地域で外壁・屋根の塗り替え、リフォーム前の無料点検をお考えの方へ

住まいの塗り替え、リフォームの点検、お見積りなら街の外壁塗装やさん吹田店

ご不明点やご相談など塗装のことなら
何でもお問い合わせください。
お電話でのお問い合わせ 9時~20時まで受付中
phone0120-920-841
外壁の塗り替えに関するご相談は街の外壁塗装やさん吹田店に