大阪の外壁塗装・屋根塗装、サイディングの張替え、防水工事などの外装リフォームは街の外壁塗装やさん吹田店へ。

外壁の塗り替えなら街の外壁塗装やさん吹田店

街の外壁塗装やさん吹田店

〒564-0043

大阪府吹田市南吹田5-2-5

TEL:0120-920-841

FAX:06-6310-7758

おかげさまで吹田市、豊中市や大阪市で多くの外壁の塗り替えご検討中のお客様に選ばれています
お問い合わせ 点検・調査・お見積り・ご相談など無料で承ります!

お電話でのお問い合わせ

phone0120-920-841

[電話受付時間] 9時~20時まで受付中

メールでのお問い合わせ

茨木市にて屋根の現場調査に伺いました。


昨日、8月3日に茨木市にて屋根の瓦が落ちてきたとのご連絡がありましたので、現場調査に伺いました。こちらのご自宅は、先月28日の夜中から29日の朝にかけての台風の影響を受けたそうです。

屋根の上に上がらせていただいて、現状を見させていただきました。

こちらのご自宅は土葺き(つちぶき・どぶき)工法によって屋根を施工されていました。土葺き工法とは、下葺き材(杉皮や檜皮)を張り、その上に葺き土を用いて瓦を葺く工法です。

冠瓦(かんむりがわら:屋根の一番高い所にある丸みをおびた瓦)が完全に崩れていました。それと瓦の下に敷いている土がからからに乾いているため、全体的に瓦が下にズレてしまっていました。

このような状態になりますと、すべての瓦をひとまずおろして、下地をしっかりさせてから葺き替え等になります。

下屋の瓦も、おそらく劣化によって割れてしまっていました。

こういった状態をを放置されてしまうと、雨漏れをしてしまいますし、下に瓦が落ちてしまって怪我をする恐れがありますので大変危険です。

 

最近、地震等の影響で屋根の瓦が落ちている家をよく見られると思います。瓦というのは屋根材の中では重たい部類になり、荷重がとてもかかります。そこで昔の人は、ひどい揺れが来た時に、瓦を落とすことによって建物自体を軽くして、地震に耐えるように瓦を葺いているそうです。なので、瓦の役目としてはしっかりはたしているという事になります。先人の知恵というのは本当に素晴らしいものですね。

同じ工事を行った施工事例

同じ地域の施工事例

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ
new画像

ブログアイコン 淀川区の3階建て住宅にてサイディング外壁のシーリングを撤去していきます。

こちらは打ち替え前のシーリングの様子ですが、シーリング材が破断しているのがわかります。 これはシーリングの寿命が過ぎ、シーリングとしての役目を果たしていない状態です。 一般的なシーリング自体の寿命は5~10年と言われていますが、立地や気象条… 続きを読む
new画像

ブログアイコン 摂津市の3階建て外壁と屋根の塗装工事を行う現場にてシーリング打ち替え工事を行っています

今回はサイディング外壁なので外壁塗装を行う前にシーリングの打ち替えを行っていきます。 「打ち替え」とは既存の古いシーリングを全て撤去し、新しいシーリングを打ち込んでいくことを指します。 シーリングは外壁の割れや雨水の侵入を防ぐ大変重要な役目… 続きを読む
new画像

ブログアイコン 淀川区にて隣家との間が狭い現場で塗装工事のための足場を組んでいきます

今回は淀川区にて外壁と屋根の塗装工事を行う現場のご紹介ですが、工事を行う前のお客様からのお問い合わせの中には「お隣のお宅との隙間が狭く、それでも足場を組めるのか?」と不安があるのですが・・・というお声をお聞きすることもあります。   結論か… 続きを読む
吹田市、豊中市、大阪市、茨木市、高槻市やその周辺のエリア、その他地域で外壁・屋根の塗り替え、リフォーム前の無料点検をお考えの方へ

住まいの塗り替え、リフォームの点検、お見積りなら街の外壁塗装やさん吹田店

ご不明点やご相談など塗装のことなら
何でもお問い合わせください。
お電話でのお問い合わせ 9時~20時まで受付中
phone0120-920-841
外壁の塗り替えに関するご相談は街の外壁塗装やさん吹田店に