大阪の外壁塗装・屋根塗装、サイディングの張替え、防水工事などの外装リフォームは街の外壁塗装やさん吹田店へ。

外壁の塗り替えなら街の外壁塗装やさん吹田店

街の外壁塗装やさん吹田店

〒564-0043

大阪府吹田市南吹田5-2-5

TEL:0120-920-841

FAX:06-6310-7758

おかげさまで吹田市、豊中市や大阪市で多くの外壁の塗り替えご検討中のお客様に選ばれています
お問い合わせ 点検・調査・お見積り・ご相談など無料で承ります!

お電話でのお問い合わせ

phone0120-920-841

[電話受付時間] 9時~20時まで受付中

メールでのお問い合わせ

吹田市で5階建てビルの現場調査に伺いました。


RC造5階建てビル現場調査

前面タイル貼り

    前面タイル貼り

外壁塗装仕上げ

    他3面塗装仕上げ

隣地との間隔が狭い

吹田市のRC5階建てビルの現場調査の様子をご紹介します。前面はタイル貼りになっており、足場架設後点検及び浮き部分の貼り替えになります。

 

残り3面は塗装仕上げになっていますので、下地処理後塗り替え工事になります。隣地の建物との間隔が狭くて、人間1人が入るのがやっとという状況です。

 

まだ、お隣の建物が2階建てなので、救いはありますね。こちらの建物はRC造で築40年になります。前回のメンテナンスから相当年数が経過しているようでクラックや汚れが目立つ状況になっています。これから詳細な点検が始まります。

塗装前の素地調整が大切。

外壁ツタ撤去
配線カバー劣化

外壁付帯物は極力一旦外す。

ツタが外壁にはりついています。よくあるケースですが、外壁塗装を施工する場合にはツタを撤去しなくては施工できません。ツタは壁内部まで食い込んでいるので厄介なものです。手作業で根気よくとっていくしか方法がありません。

 

電気配線用カバーの腐蝕が始まっています。これは取り替えしか方法が有りません。スチール製のカバーは定期的なメンテナンスが必要です。

 

外壁には沢山の付帯物が付いていますが、その数によって施工の効率も変わって来るので、現場調査の際には一番気になるところです。

 

施工の際には付帯物は外せるものは一旦外して完了後に又、元の位置に戻しますが取り外しができないものも有るので確認の必要があります。

クラックの幅で施工方法が変わる。

外壁クラック
クラックと汚れ

下地処理は最重要課題です。

搭屋部分の外壁にクラックが多数あるのが確認できました。ヘアクラックから1mm程度のものまで各種発生しています。

 

クラックの処理方法はクラックの幅によって作業内容が違ってきます。0.5mm程度までがヘアクラックで処理の仕方もフィーラーの擦り込み程度でOKです。

 

0.5mm以上のクラックはUカットが必要になり、電動工具や樹脂モルタルも必要になりそれなりの時間が掛かります。

 

外壁塗装の耐久性はこの下地処理によって決まると言っても過言ではありませんので、適切な方法できちんと処理する事を最重要課題と捉えて施工する事が大事です。

サッシ廻りからの雨漏りに注意。

窓シール劣化
打継目地シール劣化

シーリング打ち替え工事が必要。

RC造の建物には階数の境目に打継目地というものが設けられています。その部分はシーリングが施されています。経年劣化で剥離が目立ちます。

 

窓のサッシ廻りもシーリングが施されていますが、弾力が無くなりヒビ割れが確認できます。サッシ廻りは雨漏りに繋がる場合もあるので、この部分のシーリング打ち替えも必要になります。

 

RC造とは鉄筋コンクリートの建物という意味ですが、言葉どうり内部に鉄筋が配置されています。クラックを長期間放置すると、クラックの隙間から雨水が浸入し気温差で内部の鉄筋の膨張が起こり、爆裂や浮きの症状が出てきますので早めに処置する事が大切です。

鳩小屋と呼ばれている。

鳩小屋
室外機配線

   鳩小屋に似てる?

鳩小屋は防水のためのもの。

この写真は通称鳩小屋と言われるものです。屋上によく設置されています。エアコンの室外機の配線を屋上に挙げる為の物です。

 

小屋を作り立ち上がりの壁から配管し防水をしやすくする役目が有ります。見た目が鳩小屋に似ているという事でそう呼ばれるようになりました。屋上の防水を完璧にするためには貫通部の防水をしやすくするには好い工法です。

同じ工事を行った施工事例

同じ地域の施工事例

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ
new画像

ブログアイコン 大阪市内で地震による外壁のヒビ割れの調査に伺いました。

大阪市内で地震による被害の調査に行ってきました。大阪市内に多い連棟式の3階建住宅です。玄関廻りのタイルの多くがヒビ割れしています。   外壁にも多くのヒビ割れが確認できました。連棟式の住宅は角家の方が被害が大きくなる傾向にあるようです。  … 続きを読む
new画像

ブログアイコン 吹田市で地震被害による外壁調査を行っています。

現状の外壁仕上げ材はリシン吹付になっています。リシンは塗料と珪砂を混ぜたものをコンプレッサーを使って吹き付けていきます。   表面の仕上げがざらざらの凹凸が有る為、汚れやすい材料です。特にサッシ廻りから雨だれがよく目立つ状態になっています。… 続きを読む
new画像

ブログアイコン 壁も屋根もブラックでまとめたカッコいいおうち!

ブラックで統一した仕上がりは、想像以上にかっこよく仕上がりました! 黒を希望される施主様に1点だけアドバイスさせていただいたのですが、それは、 「真っ黒は辞めておきましょう」 ということです。 日頃、街で見かける「真っ黒」で塗装された建物を… 続きを読む
吹田市、豊中市、大阪市、茨木市、高槻市やその周辺のエリア、その他地域で外壁・屋根の塗り替え、リフォーム前の無料点検をお考えの方へ

住まいの塗り替え、リフォームの点検、お見積りなら街の外壁塗装やさん吹田店

ご不明点やご相談など塗装のことなら
何でもお問い合わせください。
お電話でのお問い合わせ 9時~20時まで受付中
phone0120-920-841
外壁の塗り替えに関するご相談は街の外壁塗装やさん吹田店に