大阪の外壁塗装・屋根塗装、サイディングの張替え、防水工事などの外装リフォームは街の外壁塗装やさん吹田店へ。

外壁の塗り替えなら街の外壁塗装やさん吹田店

街の外壁塗装やさん吹田店

〒564-0043

大阪府吹田市南吹田5-2-5

TEL:0120-920-841

FAX:06-6310-7758

おかげさまで吹田市、豊中市や大阪市で多くの外壁の塗り替えご検討中のお客様に選ばれています
お問い合わせ 点検・調査・お見積り・ご相談など無料で承ります!

お電話でのお問い合わせ

phone0120-920-841

[電話受付時間] 9時~20時まで受付中

メールでのお問い合わせ
  • HOME 
  •   > ブログ > 豊中市にてサイディング外壁を一部張り替えるため既存のサイディ...

豊中市にてサイディング外壁を一部張り替えるため既存のサイディングを撤去しました


既存サイディングの劣化、一部を張り替えます

現状の写真でみてもお判りいただけるように、かなり劣化し剥がれが生じています。こちらのお宅では窯業系サイディングを使用していますが、

釜業系サイディングはセメントが主成分の為重く、衝撃などに弱いためこのように一部が欠落してしまう劣化症状が良く見られる外壁材でもあります。

ご自宅も築15年経たれていますので、窯業系サイディングの寿命を優に過ぎているため仕方ないと言えるでしょう。

今回は外壁塗装を行うのですが、その前にこの部分のサイディングのみ張り替えてから塗装されることをご決断されたので、今回は撤去作業の様子をご紹介します。

撤去しようとしたところなかなか、剥がれない為笠木を外してみてみると、笠木の部分でサイディングを笠木の金具の下に入り込ませて、釘でしっかりと固定されていました。

2000年以降に建てられた戸建てのサイディング外壁の施工方法は「通気構法」という工法で施工されていることがほとんどですが、今回の現場は直貼りという空気層を取らずに

防水紙とサイディングの間に隙間をつくらずに施工する方法をとっていました。直貼り工法には欠点があり、サイディング材が防水紙に接しているため、

建物の外側と内側に温度差によって発生した結露(湿気)が、サイディングの裏側と防水紙の間に留まってしまい、サイディング材に浸透してしまうことがあります。

結露の浸透が進行すると、サイディング材の塗料が剥がれてしまったり、膨れてしまったりします。

一度直貼りで施工されたら、素人目には直貼りなのか、通気構法なのかわかりませんし、通気構法に変える場合は一部ではなく全ての外壁を一度撤去しなければなりませんので大変ですね。

次の記事では撤去した部分に新しいサイディングを貼ります!

撤去した部分に新しいサイディングを貼る様子は

豊中市で撤去した部分に新しい窯業系サイディングを貼っていきますをクリックしてご覧ください♪

同じ工事を行った施工事例

同じ地域の施工事例

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ
new画像

ブログアイコン 家の寿命をきめるものとは ②

前回の、「家の寿命をきめるものとは ①」では、主に屋根についてお話いたしましたが、今回は外壁についてお話をしたいと思います。 外壁は屋根とは違い必ず雨に濡れるとは限りません。雨がかからなければ外壁から雨漏りは生じません。つまり外壁からの雨漏… 続きを読む
new画像

ブログアイコン 吹田市にて築50年程度の木造住宅

写真では分かりにくいですが、膨れも見れます。一度モルタルで補修した跡もあります。 こちらの写真は、窓枠の下あたりに塗膜の剥離がみられます。 外壁が膨れ、剥離している状態でしたのでこれから、モルタル外壁を切断して新しく下地を入れ完成させていき… 続きを読む
new画像

ブログアイコン 大阪市内で3階建ての現場調査

コンクリート打ちっぱなしの3階建て住宅の現場調査に行ってきました。 現状はかなり劣化しておりガタガタでした。 鉄格子も錆が酷く、ケレン→錆止め→塗装が必要になります。 外壁の横に走ってる目地があります。こちらは、シーリングの増し打ちが必要で… 続きを読む
吹田市、豊中市、大阪市、茨木市、高槻市やその周辺のエリア、その他地域で外壁・屋根の塗り替え、リフォーム前の無料点検をお考えの方へ

住まいの塗り替え、リフォームの点検、お見積りなら街の外壁塗装やさん吹田店

ご不明点やご相談など塗装のことなら
何でもお問い合わせください。
お電話でのお問い合わせ 9時~20時まで受付中
phone0120-920-841
外壁の塗り替えに関するご相談は街の外壁塗装やさん吹田店に