大阪の外壁塗装・屋根塗装、サイディングの張替え、防水工事などの外装リフォームは街の外壁塗装やさん吹田店へ。

外壁の塗り替えなら街の外壁塗装やさん吹田店

街の外壁塗装やさん吹田店

〒564-0043

大阪府吹田市南吹田5-2-5

TEL:0120-920-841

FAX:06-6310-7758

おかげさまで吹田市、豊中市や大阪市で多くの外壁の塗り替えご検討中のお客様に選ばれています
お問い合わせ 点検・調査・お見積り・ご相談など無料で承ります!

お電話でのお問い合わせ

phone0120-920-841

[電話受付時間] 9時~20時まで受付中

メールでのお問い合わせ

箕面市で和風調外壁と屋根遮熱塗装を施工しました。


築18年になり1度も手を入れていないので飛び込みの営業マンに見積りしてもらい迷っているという連絡をもらいました。

外壁はリシン吹付で施工されていましたが、変色もありメンテナンスの時期にきているのは間違いないです。2階の部屋が夏場は暑くて困っているいう相談もされ、それでは遮熱塗装で少しでも室内の温度を下げる事が出来ればと思い遮熱塗料を勧めさせて頂きました。

ビフォーアフター

before
外壁塗装前
arow
arow
after
外壁塗装後

工事基本情報

施工内容
外壁塗装 屋根塗装 部分塗装 
使用材料
日本ペイントパーフェクトトップ艶消し
築年数
18年
施工期間
15日間
保証年数
7年
建坪
50坪
2階足場組
下屋の足場

外壁塗装工事には足場が必要です。足場は専門の足場業者が施工を担当しています。こちらの現場はまだ大阪市内に比べると敷地に余裕が有るので助かります。ここは箕面市になります。

 

足場の組み方次第で後から入る塗装職人の仕事の効率が変わってきますので、そうゆう点からも次に入る職人の気持ちになって作業してほしいと常に伝えています。

窓の養生
窓の養生

塗装工事には汚れが付き物です。いかに汚れる部分を少なくするかが養生という作業に掛かっています。

塗装工事終了時にいかに掃除を少なくするかで工事の効率も変わって来るので丁寧な作業が求められます。

近隣にも配慮しながら念入りに作業をしています。最近の塗装工事は主にローラーで施工することが多いので

近隣に飛ぶことが少なくなっています。

屋根 高圧洗浄作業
屋根点検作業

屋根の洗浄風景です。屋根塗装を成功させるには、洗浄をいかに完璧にするかにかかっています。古くなったカラーベストの塗膜は高圧洗浄するとほとんど剥離しますので、屋根全体が白くなればOKと言えます。そして乾燥時間を十分に取る事です。その日の気温にもよりますが、20℃の気温で約24時間を目安にしています。

外外壁弾性フィーラーパター付けン
クラックコーキング処理

外壁の下塗りを行っています。今回の下塗りは弾性フィーラーを使ってなみがたに模様を付けています。専用のパターンローラーを使って模様をつけます。厚塗りの仕上げになり、下地のヒビ割れなどの形を消す効果があります。

 

ひび割れや下地の壁が悪い時には効果を発揮し、仕上がりの美しさに期待が持てます。材料も通常よりも多くいります。

各塗料メーカーも競っていい材料の開発に力をいれているので年々いい材料が出ることに期待が持てます。

 

 

ローラー塗り
外壁の上塗り

ローラーで仕上げ塗りをしています。ローラー塗りで気を付けるのはローラーの継ぎ目が出ないように塗っていく事です。

壁の仕上がりをよく見ると職人の熟練度がよくわかります。素人目にはわかりにくいと思いますが壁の出来上がりの良し悪しは斜めから見るのがコツです。今回は艶消し塗料での仕上げになります。艶あり塗料と比べるとローラーの継ぎ目が目立ちやすいので慎重に塗っていく必要が有ります。

軒裏刷毛塗り
雨戸ペンキ仕上げ

外壁の塗装工事には付帯部のペンキ塗りが必要です。こちらの現場では雨戸、樋、軒裏などのペンキ仕上げが必要になります。鉄部は錆止め+中塗り+上塗りの3工程で仕上げていきます。

 

鉄部の塗装は外壁に比べると耐用年数が劣りますので、外壁塗装のサイクルと一緒では厳しいのが現状です。鉄部の塗装は5~6年毎の施工をお勧めします。

屋根遮熱塗装
大同塗料遮熱ハイルーフマイルドシリコン

カラーベスト屋根は遮熱塗料で仕上げていきます。今回使用するのは大同塗料㈱のハイルーフマイルドシリコン遮熱型

塗料です。太陽熱を効率よく反射して室内に侵入するのを防ぐ効果が有ります。これからの夏場に効果を発揮します。

地球温暖化現象に少しでも貢献できる事を願っています。

足場解体
足場屋根用架台

外壁と屋根の塗装工事も完了し足場の解体作業をしています。今回の現場は雨の日が多くて工期が予定よりも1週間延びました。天候だけはどうしょうも無く、お客様にご迷惑をかける事になってしまいましたが解体が始まり、ほっとしています。

 

足場の解体時にも補修塗りが必要な個所があります。足場が乗っている屋根部分や足場と壁部分の接触部分は塗装に傷がついている可能性があるので、足場職人が補修塗りをするルールになっています。

 

同じ工事を行った施工事例

同じ地域の施工事例

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ
new画像

ブログアイコン 家の寿命をきめるものとは ②

前回の、「家の寿命をきめるものとは ①」では、主に屋根についてお話いたしましたが、今回は外壁についてお話をしたいと思います。 外壁は屋根とは違い必ず雨に濡れるとは限りません。雨がかからなければ外壁から雨漏りは生じません。つまり外壁からの雨漏… 続きを読む
new画像

ブログアイコン 吹田市にて築50年程度の木造住宅

写真では分かりにくいですが、膨れも見れます。一度モルタルで補修した跡もあります。 こちらの写真は、窓枠の下あたりに塗膜の剥離がみられます。 外壁が膨れ、剥離している状態でしたのでこれから、モルタル外壁を切断して新しく下地を入れ完成させていき… 続きを読む
new画像

ブログアイコン 大阪市内で3階建ての現場調査

コンクリート打ちっぱなしの3階建て住宅の現場調査に行ってきました。 現状はかなり劣化しておりガタガタでした。 鉄格子も錆が酷く、ケレン→錆止め→塗装が必要になります。 外壁の横に走ってる目地があります。こちらは、シーリングの増し打ちが必要で… 続きを読む
吹田市、豊中市、大阪市、茨木市、高槻市やその周辺のエリア、その他地域で外壁・屋根の塗り替え、リフォーム前の無料点検をお考えの方へ

住まいの塗り替え、リフォームの点検、お見積りなら街の外壁塗装やさん吹田店

ご不明点やご相談など塗装のことなら
何でもお問い合わせください。
お電話でのお問い合わせ 9時~20時まで受付中
phone0120-920-841
外壁の塗り替えに関するご相談は街の外壁塗装やさん吹田店に