大阪の外壁塗装・屋根塗装、サイディングの張替え、防水工事などの外装リフォームは街の外壁塗装やさん吹田店へ。

外壁の塗り替えなら街の外壁塗装やさん吹田店

街の外壁塗装やさん吹田店

〒564-0043

大阪府吹田市南吹田5-2-5

TEL:0120-920-841

FAX:06-6310-7758

おかげさまで吹田市、豊中市や大阪市で多くの外壁の塗り替えご検討中のお客様に選ばれています
お問い合わせ 点検・調査・お見積り・ご相談など無料で承ります!

お電話でのお問い合わせ

phone0120-920-841

[電話受付時間] 9時~20時まで受付中

メールでのお問い合わせ

ミサワホームの2階建て住宅で塗装工事 猪名川町 


シール打ち替え

今日はサイディングの目地シールを打ち替える作業です。

たくさんの建物で塗装工事をさせていただいていますが、建築時に目地が適切に施工されている建物がなんと少ないことかと。

 

目地幅が狭すぎるもの、深さが足りずわずか2mm程度しか打ちしろのない物、本来シールを施工してはいけないところをシールしてしまっているものなど。

 

 

改修時にそれらをすべて完全に修正できるわけではありませんが、そういった不具合に気づいた上で塗り替えするのとしないのとでは施工方法や作業者への指示も違ってきます。

シール撤去

目地の両端にカッターを入れてサイディングから古い目地を切り離します。

シール撤去

正しく施工された目地であれば、このようにシール材を撤去することができます。

正しく施工されていない目地の場合は、別の方法で撤去します。

目地の撤去

撤去途中の目地です。 茶色く見えているのは「ボンドブレーカー」といい、シールが目地の底面で接着するのを防いでいます。

 

建物が揺れるときに、ひずみが発生する目地を「ワーキングジョイント(挙動のある目地)」といいます。

ワーキングジョイントのシールは底面で接着せず、サイディングに触れる2面だけ接着されている状態が良いとされています。

 

理由は、2面接着の方がシール材の伸び縮みに無理な力がかからないため長持ちするからです。

不適切な目地幅

この部分は左側のコーナー部材とサイディングの端部が数ミリずつ重なっている目地です。

 

「合いじゃくり」という端部形状で、他の目地と異なり幅がかなり狭くなっています。

狭い分、シールが無くても雨は侵入しにくいのですが、完全に防水されているわけではないので始末が悪いんです。

 

シール材はある程度の厚みを持たせないと、期待する耐久性が発揮されません。

後から目地幅を広げることはできませんので、シールはそのまま施工しますが目地を保護するためにも、この後施工する外壁塗料には少しでも良いものを使いたいです。

同じ工事を行った施工事例

同じ地域の施工事例

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ
new画像

ブログアイコン 吹田市で改修工事中4階建てビルも完工目前まで仕上がっています

吹田市にある4階建てのビルで改修工事をおこなっていた現場は いよいよ完工が目前となってきました。足場を外すのが楽しみです。   経年劣化と台風、地震で様々な被害を受けてボロボロだったこの建物。 屋根を葺き替え、外壁を補修、塗装し屋上防水を行… 続きを読む
new画像

ブログアイコン 箕面市のモルタル外壁をラジカル制御型塗料で塗装中の現場です

箕面市で築18年2階建て住宅のモルタル外壁の塗装工事が いよいよ最終段階に入りましたのでご紹介したいとおもいます! この現場の下塗りの様子はコチラ← 下塗りが終了し、乾燥したので中塗りに入った写真です。 下塗りと同様に散りを刷毛で仕上げてか… 続きを読む
new画像

ブログアイコン 箕面市の2階建て木造住宅で外壁塗装の下塗り作業中です

箕面市の築18年2階建て木造住宅でモルタル外壁の下塗りを行っています。 下塗り材には微弾性フィラーを使用。微弾性フィラーとはどんなものなのか それについても詳しくご説明させていただきたいと思います。 前の工程の記事はコチラ←   こちらの現… 続きを読む
吹田市、豊中市、大阪市、茨木市、高槻市やその周辺のエリア、その他地域で外壁・屋根の塗り替え、リフォーム前の無料点検をお考えの方へ

住まいの塗り替え、リフォームの点検、お見積りなら街の外壁塗装やさん吹田店

ご不明点やご相談など塗装のことなら
何でもお問い合わせください。
お電話でのお問い合わせ 9時~20時まで受付中
phone0120-920-841
外壁の塗り替えに関するご相談は街の外壁塗装やさん吹田店に