大阪の外壁塗装・屋根塗装、サイディングの張替え、防水工事などの外装リフォームは街の外壁塗装やさん吹田店へ。

外壁の塗り替えなら街の外壁塗装やさん吹田店

街の外壁塗装やさん吹田店

〒564-0043

大阪府吹田市南吹田5-2-5

TEL:0120-920-841

FAX:06-6310-7758

おかげさまで吹田市、豊中市や大阪市で多くの外壁の塗り替えご検討中のお客様に選ばれています
お問い合わせ 点検・調査・お見積り・ご相談など無料で承ります!

お電話でのお問い合わせ

phone0120-920-841

[電話受付時間] 9時~20時まで受付中

メールでのお問い合わせ

吹田市で水性塗料を使用して軒天補修と塗装を行った2階建て住宅


5~6年程前に他社様で外壁塗装工事を行ったとのことで、その際には20年耐久の塗料を使用されたそうですが軒天だけが劣化しているとのことで、弊社にお問い合わせがありました。現場に伺ってみると軒天に雨水が侵入し、塗膜に膨れと剥離がみられました。そのため下地調整を左官で行い、塗装は湿気を逃す日本ペイント水性ケンエースを使用して行いました。

ビフォーアフター

before
軒天の施工前
arow
arow
after
軒天の施工後

工事基本情報

施工内容
外壁塗装 部分塗装 
使用材料
左官補修:カチオン系 塗装:日本ペイント水性ケンエース
施工期間
4日間

現場調査時の状態

軒天の剥離

↑ 軒天の塗膜剥離

軒天の膨れ

↑ 軒天の塗膜の膨れ

こちらの2枚の写真は現場調査時の軒天の現状です。

工事のきっかけでも少し触れましたが、こちらの現場では5~6年程前に他社様で

耐用年数が20年程ある塗料を使用して外壁塗装工事を行ったそうです。

その際に軒天もしっかりと塗装してもらったのになぜか軒天だけ写真の様な

状態になってしまっているとお客様は大変困惑されていました。

 

ですが、軒天以外も軽く点検してみるとチョーキング現象も発生していた為、

もしかしたら耐用年数が20年持つような塗料は使用されていない可能性も出てきました。

ですが以前に工事した会社様はもうなくなってしまっていたため真実はわからず、

今回は軒天のみ補修し塗装してほしいということで工事が始まりました。

下地調整から始めます。

塗装を行う前に下地調整を行います。

通常、劣化が酷くなければ高圧洗浄で表面の汚れを落としたら乾燥後すぐに塗装工程に入れますが、

今回の現場では劣化が激しいため、表面に凹凸が出来てしまっています

このまま塗装を行うと綺麗に塗装を行うことができないため下地調整を行う必要があります。

下地調整の手順としては

 

①劣化している塗膜の除去(ケレン)を行います。

 

②塗装を行う面の凹凸を無くす(左官)を行います。

 

①劣化している塗膜の除去(ケレン)を行います

下地調整
下地調整

まず最初にすでに剥離や膨れを起こしている部分以外の劣化した塗膜を撤去していきます。

なぜまだ剥離していない部分もわざと撤去しなければならないのかというと、

すでに劣化した塗膜は今はまだ剥離していないだけで、今後剥離するのは時間の問題です。

そんな状態の上から塗装を行ってしまうと、せっかく塗装したのにも関わらず

その劣化した部分が剥離してしまうと塗装した意味がなくなってしまう為、

この劣化した塗膜の除去はとても大切な工程になってきます。

before abc 軒天の塗膜剥離
after 下地調整

劣化した塗膜の除去のbefore・after写真です。

塗膜が剥がれた箇所が広がっているのが一目で分かります。

これだけの範囲で塗膜が劣化していたということです。

素人目にはなかなか分かりずらいので驚かれる方も多いです。

②塗装を行う面の凹凸を無くす(左官)を行います

下地調整 左官

塗膜の除去(ケレン)が完了したら、左官を行います。

 

左官を行う前は劣化した塗膜を除去した状態なので、

塗膜が剥離していない部分と塗膜が剥離している部分で

かなりの凹凸ができてしまっています。

 

その凹凸がある状態に塗装を行えばもちろん綺麗に塗装することは不可能です。

そのために左官補修でその凹凸をなくし塗料を滑らかに綺麗に塗れる状態にまでもっていきます。

塗装作業に入っていきます

ここまでで下地調整工事が終わり、塗装できる状態になったので

いよいよ軒天の塗装作業に入っていきます。

 

使用した塗料は水性ケンエースという塗料で、

この塗料は軒天などの湿気が溜まりやすい部分の塗装によく使われます

塗装回数は3回塗装していきます

軒天の塗装

左官補修が終了したら、パターン付けを行い塗装作業に入っていきます。

(パターンとは=既存の模様がなみがた仕上げの場合左官した部分がつるつるなので既存と同じようになみがたの模様をつけていくこと)

通常モルタル軒天の場合はシリコン塗料で3回塗りが多いですが、

今回は現場の状態などを考慮して水性ケンエースを使用して塗装していきます

水性ケンエースはケイカル板の軒天に使用することが多く、その場合は2回塗りが基本です。

ですが今回は左官補修を行っている為2回塗りでは補修跡が綺麗に隠れてくれません

なので水性ケンエースを使用していますが補修跡を隠すために3回塗装していきます。

before abc 下地調整 左官
after

左官補修終了直後と3回目の塗装中の比較写真です。

以上の工程で完工です!

軒天塗装 完工

塗装が終了したら、養生を外し、清掃を行い軒天の塗装工事は終了です。

 

~今回の工事のまとめ~

補修:ケレン+左官補修

塗装:水性ケンエースを使用した3回塗り

 

今回の現場では構造的に軒天が目立ちやすかったため

綺麗になりお客様にも喜んで頂けて弊社も大変うれしい限りです。

 

同じようなお悩みでお困りの方はお気軽に弊社にお問合せ下さい!

弊社は出張費・現場調査費など一切頂いておりません。

全て無料で現場調査・お見積りまで行わせていただきます。

無料点検てどこまでやってくれるの?

と思った方は↑のリンクをクリックでご確認ください。

さっそくメールで問い合わせたい

と思った方は↑リンクからお問い合わせいただけます。

 

 

 

 

 

 

同じ工事を行った施工事例

同じ地域の施工事例

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ
new画像

ブログアイコン 吹田市で築14年の3階建て住宅の外壁屋根の塗り替え工事が着工

ある日突然外壁の3階部分に大きな穴が開いていることに気が付き、 弊社へ補修と外壁塗装のお見積り依頼のお問い合わせをいただいいた吹田市の現場です。   今回は火災保険を使用して穴の開いたサイディングを貼り替えた後、 外壁と屋根の塗り替え工事も… 続きを読む
new画像

ブログアイコン 大東市で塗装の見積依頼、集合住宅の階段室の塗装をご希望です

大東市から塗装工事の見積依頼がありました。 集合住宅の階段室の壁の塗装の見積依頼です。   街の外壁塗装やさんのHPをご覧になり、お問い合わせ頂き 連絡等のやり取りは、全てメールで対応させていただいております。 現場は4階建ての集合住宅で、… 続きを読む
new画像

ブログアイコン 大阪市淀川区で外壁と屋根の洗浄作業、塗装前の大事な工程です

今日は大阪市淀川区で始まった「外壁塗装・屋根塗装」の現場で洗浄作業を行いました。 高圧洗浄機を使用して建物全体を洗浄していきますが、塗装前の大切な工程の一つです。 表面に付着した塵や汚れを除去し、塗装に適した状態にするのが目的です。   ↓… 続きを読む
吹田市、豊中市、大阪市、茨木市、高槻市やその周辺のエリア、その他地域で外壁・屋根の塗り替え、リフォーム前の無料点検をお考えの方へ

住まいの塗り替え、リフォームの点検、お見積りなら街の外壁塗装やさん吹田店

ご不明点やご相談など塗装のことなら
何でもお問い合わせください。
お電話でのお問い合わせ 9時~20時まで受付中
phone0120-920-841
外壁の塗り替えに関するご相談は街の外壁塗装やさん吹田店に