大阪の外壁塗装・屋根塗装、サイディングの張替え、防水工事などの外装リフォームは街の外壁塗装やさん吹田店へ。

外壁の塗り替えなら街の外壁塗装やさん吹田店

街の外壁塗装やさん吹田店

〒564-0043

大阪府吹田市南吹田5-2-5

TEL:0120-920-841

FAX:06-6310-7758

おかげさまで吹田市、豊中市や大阪市で多くの外壁の塗り替えご検討中のお客様に選ばれています
お問い合わせ 点検・調査・お見積り・ご相談など無料で承ります!

お電話でのお問い合わせ

phone0120-920-841

[電話受付時間] 9時~20時まで受付中

メールでのお問い合わせ

【雨漏りの原因と対策 その①】


<ベランダ手摺に要注意!!>

 

大抵ベランダには、手摺りがついています。普段あまり気にされることがないかも知れませんがベランダというものは外部に設置されており、雨風にさらされており劣悪な状況下にあると言えます。そのように風雨に影響を受けやすいベランダの材質は、鉄製やアルミ製が一般的ですが、経年劣化によりガタが来たり、コーキングが剥がれたりして、手摺りの付け根からの雨漏りが原因という事例が多く発生しています。詳しく説明すると、付け根部分がモルタルで埋まっている状態になっていますが、建物の揺れにより隙間ができ、そこから雨水が侵入し雨漏りとなるケースが。 そして、鉄製の場合は、さきほど冒頭で話したように経年劣化現象で手摺りの下側が腐食し、そこから雨水が付け根へまわります。鉄製のものは中が空洞になっていますので下地の取付部分まで雨水が侵入。その結果、雨漏りに繋がります。またアルミ製の場合でも同じことが言えますが、アルミの笠木部分のコーキング部の劣化にも注意が必要です。コーキングが切れると雨水の侵入による雨漏り被害の発生が多く見受けられます。劣化が始まってしまうとアッという間に浸食され雨漏りの原因となるので、ベランダに出る時は、常日頃から周りの状況も点検しておくと事故や雨漏りを未然に防げると思います。仮に、原因になりそうな箇所を見つけても早めの対処で雨漏りを未然に防げればそこに掛ける経費も少しで済むかも知れません。大事な家や家族を守るためにも気に掛けておくことを推奨します。

 

経年劣化現象で錆びて下側が腐食したベランダの手すり

<ベランダ腰壁・床>

 ベランダの立上りの腰壁やべランダ上部を覆うように被さっている部分で水切りの役割を持ち躯体を腐食から守るカバーのような存在の笠木にも注意が必要です。建物の揺れによる場合や立地環境等の原因はさまざまですがヒビ割れの発生が多く見受けられます。コーナー部分、床と立上り壁との取り合い等が大半です。モルタル仕上りの笠木部分のヒビ割れも注意が必要です。 ベランダの場合、素人でも応急処置で市販のコーキング剤や防水剤で処置する事もできますので、緊急の場合はとりあえず処置しなるべく早めに専門業者に点検してもらってください。ベランダの下が部屋の場合は、部屋の天井をマメに点検する必要があります。黒いシミや雨の日に天井から音がする。部屋がかび臭い等の症状があれば要注意です。排水口が詰まり、排水機能に問題がある場合もあります。ベランダが外部にある場合も軒天に異常がないかチェックしてください。ベランダに屋根を取り付けると一定の効果がありますのでこれも対策の一つとして検討してみてもいいと思います。

モルタル仕上りの笠木部分のヒビ割れ
吹田市、豊中市、大阪市、茨木市、高槻市やその周辺のエリア、その他地域で外壁・屋根の塗り替え、リフォーム前の無料点検をお考えの方へ

住まいの塗り替え、リフォームの点検、お見積りなら街の外壁塗装やさん吹田店

ご不明点やご相談など塗装のことなら
何でもお問い合わせください。
お電話でのお問い合わせ 9時~20時まで受付中
phone0120-920-841
外壁の塗り替えに関するご相談は街の外壁塗装やさん吹田店に