大阪の外壁塗装・屋根塗装、サイディングの張替え、防水工事などの外装リフォームは街の外壁塗装やさん吹田店へ。

外壁の塗り替えなら街の外壁塗装やさん吹田店

街の外壁塗装やさん吹田店

〒564-0043

大阪府吹田市南吹田5-2-5

TEL:0120-920-841

FAX:06-6310-7758

おかげさまで吹田市、豊中市や大阪市で多くの外壁の塗り替えご検討中のお客様に選ばれています
お問い合わせ 点検・調査・お見積り・ご相談など無料で承ります!

お電話でのお問い合わせ

phone0120-920-841

[電話受付時間] 9時~20時まで受付中

メールでのお問い合わせ

防水工事の工法と種類(塗膜系)


塗膜防水は施工場所を選ばない。

ベランダFRP防水
ベランダウレタン防水完了

うまく活用すればリーズナブルな防水材です。

♦塗膜防水はトップコートをうまく活用する事が大事。

塗膜防水は、複雑な形状の下地にも簡単に施工できるという特徴があり、屋上、バルコニー、駐車場など様々な場所に使用されています。

 

塗布工法なので複雑な場所でも、施工しやすく後々の補修も簡単に出来ます。継ぎ目のないシームレスな仕上げなので美観もよい防水です。

 

5~6年ごとのトップコートなどの再塗装で防水性の保持が伸びる物もあるので使い方によってはリーズナブルな材料といえます。

 

現場での塗布なので下地の乾燥や気候条件に左右されるのと、乾燥に時間が掛かるので施工管理は充分にする必要があります。

 

塗膜系の防水は「建築防水の耐久性向上技術」ではシート防水より短い10年となっているが、露出仕上げの場合は状況も把握しやすく、増し塗りなどで補修がしやすいので、耐久性と補修のバランスで考えると、維持しやすく長持ちする防水材といえます。

FRP防水は技術の差が大きい。

塗膜防水施工中
防水工事2

木造住宅ではFRP防水が主流。

♦主な塗膜防水の種類と特徴

塗膜、塗布系の防水としては、ウレタン防水、FRP防水、エポキシ防水を挙げる事ができる。住宅の場合はウレタン防水とFRP防水が主流になっています。特に木造住宅のバルコニーではFRP防水を採用することが多い。

 

ウレタン防水

施工時の溶剤の揮散、臭気の発生などの対策が必要です。近年は水性でにおいの無い物もある。樹脂の硬化に長時間要するので、塗り重ねの場合は翌日施工になる。塗布工法と吹付工法がある。

 

FRP防水

塗膜の特徴として強度が大きく重歩行も可能。樹脂の硬化スピードは速く乾燥した状態で行う必要がある。塗膜の硬化は気温などに左右される。

 

そして、作業する職人の技術に左右されるという点が挙げられる。樹脂には独特のにおいが有るので施工時には近隣への配慮が必要です。

 

防水層は比較的軽いので、建物を補強することなく施工することが可能です。施工には下地を選ばないという強みもある。

 

エポキシ防水

耐久性と美しい仕上がりが特徴です。下地が湿潤状態でも施工でき、天候に左右されることがない。厨房などの常に水分がある所でも施工可能です。

近年の住宅バルコニー防水の傾向

木造FRP防水
FRPトップコート

バルコニー防水はFRP防水が主流。

♦FRP防水施工時の注意点

最近の木造住宅バルコニー防水にはFRP防水がよく使われている。強度もあり重ねる事も出来るので改修工事などに利用しやすい利点がある。

 

木造住宅は地震や振動で動くので、コーナー部の割れに対する処理に注意が必要です。また、塗布系では立ち上がりや端部分に空気層が入る場合もあるので施工時には注意が必要です。

 

さらに、屋根の防水における防火の問題、瑕疵担保の保険における水勾配、開口部下、防水立ち上がりの規定もチエックする必要がある。状況によってはオーバーフローの排水も考えておきたい。

吹田市、豊中市、大阪市、茨木市、高槻市やその周辺のエリア、その他地域で外壁・屋根の塗り替え、リフォーム前の無料点検をお考えの方へ

住まいの塗り替え、リフォームの点検、お見積りなら街の外壁塗装やさん吹田店

ご不明点やご相談など塗装のことなら
何でもお問い合わせください。
お電話でのお問い合わせ 9時~20時まで受付中
phone0120-920-841
外壁の塗り替えに関するご相談は街の外壁塗装やさん吹田店に