大阪の外壁塗装・屋根塗装、サイディングの張替え、防水工事などの外装リフォームは街の外壁塗装やさん吹田店へ。

外壁の塗り替えなら街の外壁塗装やさん吹田店

街の外壁塗装やさん吹田店

〒564-0043

大阪府吹田市南吹田5-2-5

TEL:0120-920-841

FAX:06-6310-7758

おかげさまで吹田市、豊中市や大阪市で多くの外壁の塗り替えご検討中のお客様に選ばれています
お問い合わせ 点検・調査・お見積り・ご相談など無料で承ります!

お電話でのお問い合わせ

phone0120-920-841

[電話受付時間] 9時~20時まで受付中

メールでのお問い合わせ

外壁シーリング材はどれくらいもつのか?


シーリング 経年劣化
シーリング材撤去

♠シーリング材には寿命があるの?

外壁材のジョイント部分などにシーリング材を施工します。

雨漏りを考えると、シーリング材は外から見える所ですから、1次防水に該当します。

1次防水から多少雨水が侵入しても下葺き材である2次防水がしっかり施工していれば

簡単に雨は漏れません。建築現場に於いてはシーリング材は外部、内部にも多用されます。

雨漏り対策用としても、シーリングによってとりあえず綺麗に仕上がるので仕事のアラを隠す

事が出来るという点からも便利な材料です。

シーリング材などの化学物質の寿命は紫外線の受け方によって大きく変わりますが

10年前後と言われています。雨漏りを抑えている場合は劣化の進行と共に雨漏りの

危険性が増してきます。少しでもヒビ割れなどの劣化現象を見つけたら無条件に

打ち替えをお勧めします。

ALC目地シーリング打ち完了
シーリング打ち

外壁などのシーリング材を撤去して再施工する場合足場が必要です。

結局のところ足場を仮設してシーリングの打ち替え、外壁塗装、屋根塗装

など1度にまとめて全部を1回の足場で完了する場合が多くなります。

大きな金額になるため毎年の積み立てを計画的にする事が無理のない

メンテナンスを実行できる秘訣です。

近年の住宅の約70%が外壁にサイデイングパネルを採用しています。

サイデイングパネルの場合継ぎ目部分はシーリング材で防水処理をしていますので

シーリングの不具合があると即雨漏りに繋がりますので重要な作業になります。

その他ALC板の外壁の目地部分、RC造の打継目地、木造住宅などにもシーリング材は

使われています。最近の建築物に占めるシーリング材のウエートは年々増加する傾向に

ありそれだけ重要な役目を担っています。

シーリング材も日々進歩しています、昔のシーリング材は含まれている可塑剤の影響で

汚れが付きやすいのが欠点でした、シーリング部分が真っ黒に汚れがついて見苦しい

建物が多く有りましたがそれも改良され今ではノンブリードといって汚れが付きにくい

シーリング材も開発されています。

目地マスキング
シール工事完了

古い建物ではシーリング材の品質が悪い物が使われている場合が多いので

シーリング打ちの再施工は外壁塗装の再施工よりも雨漏り対策上は優先順位

が高いものです。

シーリング材の劣化度合いにもばらつきがあります。

材料面ではメーカーと品番、施工面ではプライマー、バックアップ材、ボンドブレーカー

の有無、仕様書通り2面接着されているかどうか、紫外線の当たり具合等で変わってきます。

又シーリング材は塗装工事後には隠れてしまい直接見る事は出来ません。

したがって丁寧な施工がされにくい可能性があります。

しかし雨漏り対策としては重要な作業ですので丁寧な仕事が求められます。

 

吹田市、豊中市、大阪市、茨木市、高槻市やその周辺のエリア、その他地域で外壁・屋根の塗り替え、リフォーム前の無料点検をお考えの方へ

住まいの塗り替え、リフォームの点検、お見積りなら街の外壁塗装やさん吹田店

ご不明点やご相談など塗装のことなら
何でもお問い合わせください。
お電話でのお問い合わせ 9時~20時まで受付中
phone0120-920-841
外壁の塗り替えに関するご相談は街の外壁塗装やさん吹田店に