大阪の外壁塗装・屋根塗装、サイディングの張替え、防水工事などの外装リフォームは街の外壁塗装やさん吹田店へ。

外壁の塗り替えなら街の外壁塗装やさん吹田店

街の外壁塗装やさん吹田店

〒564-0043

大阪府吹田市南吹田5-2-5

TEL:0120-920-841

FAX:06-6310-7758

おかげさまで吹田市、豊中市や大阪市で多くの外壁の塗り替えご検討中のお客様に選ばれています
お問い合わせ 点検・調査・お見積り・ご相談など無料で承ります!

お電話でのお問い合わせ

phone0120-920-841

[電話受付時間] 9時~20時まで受付中

メールでのお問い合わせ

木質系サイデイングの魅力について。


木質系外壁材の魅力。

ヒノキ板
スギ板

木の外壁には長い歴史と味がある。

多湿、多雨の日本の気候、建築基準法などによる不燃化の動向など、木質系外壁材の採用にあたっては多くのハードルがあるが、それでも木の外壁には味わいと魅力が沢山あります。

 

火への対策としては、計画地の防火基準に応じて不燃化の必要性を確認する必要があります。

 

水への対策としては、収まりの検討と表面塗装材の選定をすることが大事です。

 

経年変化に伴う風合いの変化、メンテナンスの方法などについて、建て主と認識を共有することが大事です。

 

木質系サイデイングとは主に天然無垢の木材に張り方に応じた実加工が施された外壁材で世界中で見る事ができます。

 

日本においても伝統的工法としてヒノキ、杉などによる木目を生かし民家から社寺仏閣まで多くの建築物に使われてきました。

 

近年では安価で手間のかからない新建材に押されているが、見直されるべき材料です。北米では古くから耐水性のあるレッドシダーやレッドウッドなどが使用されており、約半数の住宅の外壁が、この木質系サイデイングだというデータもあります。

耐火性能を確保しよう。

木質系サイデイング
木質外壁

耐火認定の取得方法。

住宅の火災に関する性能は建築基準法により防火構造、準耐火構造、耐火構造に分類されている。

 

木質系サイデイングはその多くが天然木である事から、一部の不燃処理を施した木材を除き、防火に対する大臣認定をうけていない。そのため、建設地の防火基準を十分に把握した上での選定が大事です。

 

ただし、製品として不燃などの認定を取得していない材料でも使用する方法があります。1つは「ダイライト」や「かべ震火」などの下地材で防火構造が取れていれば、その上に木を張っても防火構造の認可を取得する事が可能になりました。

 

もう1つは不燃加工をする工場に持ち込んでホウ酸塩処理による不燃化をする方法で、認定を取得することができます。

 

耐水、防腐にさえ留意すれば、基本的な耐久性は高いといえます。国産木なら、ヒノキ、秋田杉など、輸入材ならレッドシダー、レッドウッドなど比較的耐水性の高い物を選ぶことが大切です。

 

メーカーで実加工されサイデイング材として売られているものはある程度耐水、防腐に優れた材料と考えてもいいでしょう。

多様な張り方がある。

下見板
よろい張り

メンテナンスも重要。

縦張り、横張りに対応し、「相決まり」「本実」「下見板」など多様な張り方があります。木の表面も平滑なものからラフに仕上げたものまであり、節の量も選ぶことが出来ます。

 

塗装材との組み合わせで、多様な表情を演出できます。また、左官など異素材との組み合わせでも可能性が広がります。

 

窯業系や金属系サイデイングに比べて、コーキングに依存しない収まりが可能なことから、木材の腐朽がなければメンテナンスの必要はありません。

 

経年変化の脱色を楽しむのであれば、無塗装品を使い20年間そのままという事例も有りますが、一般的にはオイルステイン系の塗装を10年に1度程度の塗り替えが望ましい。

吹田市、豊中市、大阪市、茨木市、高槻市やその周辺のエリア、その他地域で外壁・屋根の塗り替え、リフォーム前の無料点検をお考えの方へ

住まいの塗り替え、リフォームの点検、お見積りなら街の外壁塗装やさん吹田店

ご不明点やご相談など塗装のことなら
何でもお問い合わせください。
お電話でのお問い合わせ 9時~20時まで受付中
phone0120-920-841
外壁の塗り替えに関するご相談は街の外壁塗装やさん吹田店に