大阪の外壁塗装・屋根塗装、サイディングの張替え、防水工事などの外装リフォームは街の外壁塗装やさん吹田店へ。

外壁の塗り替えなら街の外壁塗装やさん吹田店

街の外壁塗装やさん吹田店

〒564-0043

大阪府吹田市南吹田5-2-5

TEL:0120-920-841

FAX:06-6310-7758

おかげさまで吹田市、豊中市や大阪市で多くの外壁の塗り替えご検討中のお客様に選ばれています
お問い合わせ 点検・調査・お見積り・ご相談など無料で承ります!

お電話でのお問い合わせ

phone0120-920-841

[電話受付時間] 9時~20時まで受付中

メールでのお問い合わせ

自分で出来る外壁診断と対処法


外壁クラック

定期的に家の周りを歩き、どの部分にヒビ割れが出たかを観察しておきます。写真を撮ったりして記録に残しておくとヒビ割れの変化がわかって、補修時期や方法などの参考資料になるので便利です。

サッシの角にヒビが入った

モルタルの外壁では材料の性質上ヒビが入る事がよくあります。現象としては窓などの開口部の周囲、特に4隅から延びているヒビがよく見られます。工事の段階でサッシの4隅に斜めのラス補強が入っていなかったり、ラスのステップル不足などが考えられます。

 

 

軒裏クラック発生

0.5mm以下のヒビ割れをヘアークラックと呼びます。ヒビ割れでヘアークラック程度の物はあまり気にする必要はありません。しかし、そこから水が浸入する恐れもあるので、補修はしておいた方が安心です。補修方法はホームセンターなどでコーキングを購入して、ヒビ割れ部分に充填してヘラで押さえて下さい。これでOKです。コーキングは変性シリコンを使用して下さい。

基礎ヒビ割れ

0.5mm以上のヒビ割れの場合は雨漏りの可能性が大きいので、すぐに補修する必要が有ります。補修方法としてはサンダーが必要になります。ホームセンターなどで購入可能です。用意する物は、サンダー、変性シリコンコーキング、モルタル、プライマー、マスキングテープ、刷毛などを用意します。

 

まずはサンダーでひび割れにそってU字にカットしていきます。次に粉塵などを綺麗に清掃します。幅は7~8mm程度でカットしていきます。そしてプライマーを塗布します。次にコーキング材を充填していきます。そしてモルタルで均一に塗っていきます。乾燥後に外壁の塗装をすれば、ひび割れの跡も残らず綺麗に仕上がります。

ブリード現象

ブリード現象現る。

以前の補修跡が黒く汚れがついているのをよく見かける事が有ります。これは以前のコーキング材に含まれる可塑剤によるものです。可塑剤とはコーキングの弾力性を維持するために、配合される化学物質です。可塑剤には空中の汚れなどが付着するという特色が有ります。

 

最近のコーキング材には可塑剤が含まれていない、ノンブリード系のコーキングが使われていますので、汚れが付くこともなくなりました。部分的に黒く汚れが付くと外観の見栄えも悪くなるので早目に補修することにより家の価値が高まります。

クラック発生

黒くなったコーキング跡の補修は外壁の塗装工事をするときに同時に施工すれば一番効率的です。補修の跡が隠れるからです。単独で補修だけの場合は、どうしても補修跡が残るので避けた方がいいと思います。

 

補修の仕方としては、現状のコーキング材をサンダーでカットし、撤去します。次にノンブリード系のコーキング材の充填、モルタルを均一に塗っていく。乾燥後に外壁の塗装をする、という手順になります。

外壁の汚れ

その他外壁の汚れの原因として鉄部の錆びが壁に垂れて汚れが付着することが考えられます。鉄部は5~6年毎に塗装する必要があり、長く放置すると腐蝕に繋がります。腐蝕すると取り替えしか選択肢がないので、注意が必要です。

吹田市、豊中市、大阪市、茨木市、高槻市やその周辺のエリア、その他地域で外壁・屋根の塗り替え、リフォーム前の無料点検をお考えの方へ

住まいの塗り替え、リフォームの点検、お見積りなら街の外壁塗装やさん吹田店

ご不明点やご相談など塗装のことなら
何でもお問い合わせください。
お電話でのお問い合わせ 9時~20時まで受付中
phone0120-920-841
外壁の塗り替えに関するご相談は街の外壁塗装やさん吹田店に