大阪の外壁塗装・屋根塗装、サイディングの張替え、防水工事などの外装リフォームは街の外壁塗装やさん吹田店へ。

外壁の塗り替えなら街の外壁塗装やさん吹田店

街の外壁塗装やさん吹田店

〒564-0043

大阪府吹田市南吹田5-2-5

TEL:0120-920-841

FAX:06-6310-7758

おかげさまで吹田市、豊中市や大阪市で多くの外壁の塗り替えご検討中のお客様に選ばれています
お問い合わせ 点検・調査・お見積り・ご相談など無料で承ります!

お電話でのお問い合わせ

phone0120-920-841

[電話受付時間] 9時~20時まで受付中

メールでのお問い合わせ

バルコニーの排水口は自分で点検しょう。


バルコニードレン
バルコニー排水口

♦バルコニードレンの詰まりはないか

バルコニーはトラブルの多い所です。住宅の南面に設置することが多く、雨と紫外線

による劣化が早く見られるところです。

バルコニーの建設費はかなり掛かっているのですが奥行に小さなバルコニーは使いにくい

ようで、洗濯物干し程度で、積極的に活用されていません。

 

しかし、劣化の進行で考えると、定期点検時には必ず確認すべきところです。

特に排水口となるドレン廻りが重要です。

 

住宅で多用される防水はFRP防水です。その上に耐火性のために化粧ブロックが

設置されていることもあります。現在は、認定が緩和され、FRP防水露出でも可能ですが

昔は耐火被覆の意味でブロックを防水の上に設置しなくてはなりませんでした。

 

FRP防水が露出している場合は、掃除が楽にできますが、上にブロックが設置してあると

条件は変わります。FRP防水の上は水が流れるところです。

その上にブロックなどの障害物をおくと水の流れは当然悪くなります。

多くの場合ブロックをはずして見るとヘドロ状態になっている事多くあります。

耐久性からの観点からみてもいい訳ありません。

 

特に雨や雪の多い地域では苔が生えている事もあります。常に湿気状態になる事は

避けるべきです。防水の上には何も設置せず常に乾燥状態にしておくことです。

 

ドレン
バルコニー耐火ブロック

バルコニーに耐火ブロックが設置してあると入居者は自分で下の状態を見る事

はできません。業者の点検時ブロックを何枚かはずしてもらって見ておくことです。

現状を把握しておくことがメンテナンスの時期を決定するのに役たちます。

 

それに比べドレン廻りは常に露出していますので点検は入居者でもできます。

泥や木の葉などで詰まっていないかいつでも見る事ができます。

バルコニーにでる機会がある場合はついでに確認をしておくことがバルコニー

からの雨漏りを防ぐことに繋がります。

 

入居者は1ケ月に1回程度はドレンの清掃を行う必要があります。

まずはドレンのキャップが付いている場合は外すことです、それから水を流しながら

掃除していきます。廻りにヒビ割れなどの異常がないか確認しておきます。

 

あまり使っていないバルコニーが危険です、木の葉が排水口をふさいでいることが

あり気が付かずに放置した結果大雨の際にバルコニーがプール状態になり雨漏りが

したケースもあります。あまり使っていないバルコニーも気にかけ忘れずに確認が

必要です。

吹田市、豊中市、大阪市、茨木市、高槻市やその周辺のエリア、その他地域で外壁・屋根の塗り替え、リフォーム前の無料点検をお考えの方へ

住まいの塗り替え、リフォームの点検、お見積りなら街の外壁塗装やさん吹田店

ご不明点やご相談など塗装のことなら
何でもお問い合わせください。
お電話でのお問い合わせ 9時~20時まで受付中
phone0120-920-841
外壁の塗り替えに関するご相談は街の外壁塗装やさん吹田店に