大阪の外壁塗装・屋根塗装、サイディングの張替え、防水工事などの外装リフォームは街の外壁塗装やさん吹田店へ。

外壁の塗り替えなら街の外壁塗装やさん吹田店

街の外壁塗装やさん吹田店

〒564-0043

大阪府吹田市南吹田5-2-5

TEL:0120-920-841

FAX:06-6310-7758

おかげさまで吹田市、豊中市や大阪市で多くの外壁の塗り替えご検討中のお客様に選ばれています
お問い合わせ 点検・調査・お見積り・ご相談など無料で承ります!

お電話でのお問い合わせ

phone0120-920-841

[電話受付時間] 9時~20時まで受付中

メールでのお問い合わせ

外壁からの雨漏りで注意すべき部位はどこか


外壁クラックUカット
サイデイングの割れ

外壁からの雨漏り原因のトップは何と言ってもひび割れからです。

そして次に続くのが「穴をあける所」と「取り合い」が重要です。

たとえば、下記のような部位があります。

1、外壁のクラック

2、外壁サイデイングの浮き

3、サッシ、シャッターボックスのコーナー

4、サッシ廻り

5、妻換気口

6、換気レジスター

7、庇

8、配管の外壁貫通部

9、化粧胴差・化粧軒桁

10、アール屋根・アール壁

等の部位が挙げられます。その他工法や建物の種類によっても変わってきます。

いずれにしても雨漏りの部位を特定するのは時間のかかる作業で根気がいります。

サッシ廻り
外壁配管貫通

♦散水試験で実際に漏れるかどうかを調べる。

これらの箇所から実際に水が漏れるか確かめるために「散水試験」を実施します。

これは1日ではできません。水が出てきても、雨が漏れるという証明にはなりますが

それですべてかどうかはわからないからです。雨水の出口が1か所であったとしても

雨水の入り口も1か所とは限りません。入口が複数個所あることは通常におこります。

 

ここが難しいところで、すぐに雨水侵入口であるとの結論を出さず、慎重に

試験を継続していかなければなりません。30分の散水試験で十分かは疑問です。

2時間試験して出る場合もあります。数日かけて試験することが大事です。

 

雨が漏らないという証明は難しいのです。散水の継続時間、場所、方向など条件は

無数にあります。したがって、雨もりを補修しても、すぐに再発する場合が多いので

日にちをかけて、慎重に散水検査を行いましよう。

 

また室内の雨漏り跡の確認もしっかりする事です。

入居者からの聞き取り調査も大事になってきます。説明を聞きながらその周辺に

雨漏りの可能性の高い部位がないか見当をつけます。

雨漏りはその周辺からとは限りませんがまずは雨漏り箇所の上あたりから疑っていきます。

そして徐々に範囲を広げていきましょう。目星がついたところで散水試験を行います。

 

雨漏り検査の1番確実な方法は実際に雨が降っている日に行う事です。

内部から雨漏り付近の内壁や天井部分の一部を剥がして確認する事です。

入居者の承諾が必要ですが一番の早道です。

 

 

 

 

吹田市、豊中市、大阪市、茨木市、高槻市やその周辺のエリア、その他地域で外壁・屋根の塗り替え、リフォーム前の無料点検をお考えの方へ

住まいの塗り替え、リフォームの点検、お見積りなら街の外壁塗装やさん吹田店

ご不明点やご相談など塗装のことなら
何でもお問い合わせください。
お電話でのお問い合わせ 9時~20時まで受付中
phone0120-920-841
外壁の塗り替えに関するご相談は街の外壁塗装やさん吹田店に