大阪の外壁塗装・屋根塗装、サイディングの張替え、防水工事などの外装リフォームは街の外壁塗装やさん吹田店へ。

外壁の塗り替えなら街の外壁塗装やさん吹田店

街の外壁塗装やさん吹田店

〒564-0043

大阪府吹田市南吹田5-2-5

TEL:0120-920-841

FAX:06-6310-7758

おかげさまで吹田市、豊中市や大阪市で多くの外壁の塗り替えご検討中のお客様に選ばれています
お問い合わせ 点検・調査・お見積り・ご相談など無料で承ります!

お電話でのお問い合わせ

phone0120-920-841

[電話受付時間] 9時~20時まで受付中

メールでのお問い合わせ

我が家の定期診断必要部位別チエックポイント


樋劣化割れ部分
樋の集水器

雨樋の点検チエックポイント

雨樋は屋根の雨水を集め、建物内に侵入しないように排水管に導きます。軒樋の受け金物のピッチは通常600mmピッチから900mmピッチ間隔で取り付けます。ピッチが粗いと、勾配が確保できずに、雨水が溜まる事になります。

 

軒樋の最小勾配は1/ 1000 とされています。勾配が緩いと雨水が溜まってしまいます。経年により勾配が変わる事もあり注意が必要です。

 

少しでも勾配が変わると常に雨水が溜まっている状態になり、ヘドロ状態になります。徐々に排水口もヘドロで詰まり排水が出来なくなり、大雨の日にはあふれる事になります。

 

雨水が溢れると建物内に浸入する可能性もあり非常に危険です。そして、溢れた雨水は近隣の建物にも直接悪影響を与える事もあり、お隣同士のトラブルに発展する場合も有ります。

 

樋に障害物
外壁色あせ

一般住宅の場合、樋の形状は軒樋と竪樋に分かれます。通常軒樋の方が不具合の出る場合が多く見受けられます。軒樋の継ぎ目部分の剥がれや変形によって雨水が溢れるといったケースがあります。

 

そして、まれにあるケースでベランダのステンレス製の笠木が原因で、太陽光の反射熱が軒樋に当たり、軒樋がグニャグニャに変形したケースもありました。これは特殊なケースです。

 

竪樋も継ぎ目部分が外れて雨水がじゃじゃ漏りになっているのが気が付かない方もいます。雨降りの日には外に出にくいという事も有るかもしれません。

 

自分の家のことを常に気にする習慣をつけて、それこそ雨降りの日には家の周りを1周して、樋の状態を見て回るくらいの気持ちが必要です。雨降りの日は樋の状態を判断するのには一番の早道です。

 

廻りに植木の多い住宅の場合木の葉などが排水口を塞いでしまい、雨水が溢れる場合がよくあります。そして、ボールなどが排水口を塞ぎ溢れる事も有りました。出来れば年に1回位は業者に依頼し樋掃除をしてもらった方がいいです。決して自分で登らないでください。非常に危険です。

 

屋根遮熱塗装完了
屋根洗浄後

よくあるケースで、テレビアンテナを固定するワイヤーを軒樋受け金具に取り付けている場合が有ります。強風の日に風力によって、軒樋ごと引っ張られ勾配が変わる事も有ります。

 

本来は取り付けてはいけない場所ですが、街の電気屋さんは勝手に取り付ける場合が有ります。テレビアンテナを取り付ける場合はワイヤーの取り付け場所の確認をしておく必要が有ります。

 

樋は雨水から建物を守ってくれる大事なものです。気が付かないうちに不具合が発生しているかもしれません。自宅のメンテナンスの際には樋の点検、清掃をお忘れなく。

吹田市、豊中市、大阪市、茨木市、高槻市やその周辺のエリア、その他地域で外壁・屋根の塗り替え、リフォーム前の無料点検をお考えの方へ

住まいの塗り替え、リフォームの点検、お見積りなら街の外壁塗装やさん吹田店

ご不明点やご相談など塗装のことなら
何でもお問い合わせください。
お電話でのお問い合わせ 9時~20時まで受付中
phone0120-920-841
外壁の塗り替えに関するご相談は街の外壁塗装やさん吹田店に