大阪の外壁塗装・屋根塗装、サイディングの張替え、防水工事などの外装リフォームは街の外壁塗装やさん吹田店へ。

外壁の塗り替えなら街の外壁塗装やさん吹田店

街の外壁塗装やさん吹田店

〒564-0043

大阪府吹田市南吹田5-2-5

TEL:0120-920-841

FAX:06-6310-7758

おかげさまで吹田市、豊中市や大阪市で多くの外壁の塗り替えご検討中のお客様に選ばれています
お問い合わせ 点検・調査・お見積り・ご相談など無料で承ります!

お電話でのお問い合わせ

phone0120-920-841

[電話受付時間] 9時~20時まで受付中

メールでのお問い合わせ
  • HOME 
  •   > コラム > カチオンて良く聞くけど何?カチオンは劣化した下地の強い味方

カチオンて良く聞くけど何?カチオンは劣化した下地の強い味方


「カチオン」とは

カチオンについて検索してみたことはありますでしょうか?

少し難しい説明が多いかと思いますが下記に記載している

2つのポイントを頭に入れておく

と思っていたより簡単に理解できると思います!

 

①+プラス電荷を持った陽イオンが「カチオン」

        ↕

②-マイナス電荷を持った陰イオンは「アニオン」

 

弊社ではモルタルなどの下地調整の時によく「カチオン」というワードが出てきますが

このモルタルやコンクリートマイナスの電荷「アニオン」を帯びています。

 

磁石の+と-を近づけると強力に引き付け合いますよね?

それは外壁(分かりやすくするため外壁と言っています)

外壁に塗る材料でも同じで、その引き付け合う力を利用して

密着性、接着力を強くしたものが「カチオン系・カチオン性」と呼ばれる材料です。

 

カチオン系の材料はどんな時に使われるのか?

下地調整

↑劣化したモルタル軒天(ケレン後)

下地調整 左官

↑カチオン系材料を使用した左官補修

弊社でカチオン系の材料を使用する場合は基本的に

 

モルタル塗装前の下地調整の際に使用することが非常に多いです。

あとは塗膜防水(ウレタン防水等)工事前の下地調整でも使用しますね。

 

前述で説明した様に

対極にいる性質が引き付け合う力を利用して

下地と材料の密着性を向上させることが出来るのです。

 

なので、-の電荷を持った「酷く劣化したモルタル(下地)」

+の電荷を持つ「カチオン系材料」を塗ると、2つが引き付け合い強い密着性が生まれます。

そうすることで補修した部分がより強固な状態になってくれるというわけです。

材料名はカチオンではないので要注意

ちなみにカチオンカチオンと言っていますが、

使用される材料の名前が「カチオン」というわけではないので要注意です。

 

「〇〇カチオン」や「カチオン〇〇」とカチオンが付いている材料名が多いですが、

カチオンとはその材料の中に含まれる性質ですので

カチオンというワードが材料名に全く含まれていない材料もあります。

 

ただ、名前に含まれていなくても材料の入った袋や缶などには

必ずカチオン系といった「これはカチオン系の材料なんだな」と

一目で分かるように書いてあるものが多いので素人でもすぐに

これはカチオン系材料かどうなのかという判断はつくと思うので心配しなくても大丈夫でしょう。

吹田市、豊中市、大阪市、茨木市、高槻市やその周辺のエリア、その他地域で外壁・屋根の塗り替え、リフォーム前の無料点検をお考えの方へ

住まいの塗り替え、リフォームの点検、お見積りなら街の外壁塗装やさん吹田店

ご不明点やご相談など塗装のことなら
何でもお問い合わせください。
お電話でのお問い合わせ 9時~20時まで受付中
phone0120-920-841
外壁の塗り替えに関するご相談は街の外壁塗装やさん吹田店に