大阪の外壁塗装・屋根塗装、サイディングの張替え、防水工事などの外装リフォームは街の外壁塗装やさん吹田店へ。

外壁の塗り替えなら街の外壁塗装やさん吹田店

街の外壁塗装やさん吹田店

〒564-0043

大阪府吹田市南吹田5-2-5

TEL:0120-920-841

FAX:06-6310-7758

おかげさまで吹田市、豊中市や大阪市で多くの外壁の塗り替えご検討中のお客様に選ばれています
お問い合わせ 点検・調査・お見積り・ご相談など無料で承ります!

お電話でのお問い合わせ

phone0120-920-841

[電話受付時間] 9時~20時まで受付中

メールでのお問い合わせ

今ある外壁のデザインをそのままで!クリヤー塗装の良し悪し


クリヤー塗装とは何か?

まず外壁塗装を考えた時に皆さんはどんな塗料を使おうか?というよりは

どんな色にしようかな?という考えの方が先に来るのではないでしょうか?

 

それほどまでに大切なお家の外観というものは重要です。

一度塗ってしまえばそう簡単には変えられないからこそ悩まれる方も多いですよね。

 

そして色を考えるときに出てくる問題が、

現状のデザインを変えるか変えないのかということです。

 

そこで今回は外観のデザインを変えずに色つやだけを取り戻す

クリヤー塗装について詳しくご説明していきたいと思います。

before
after

上の写真は1階部分をクリヤー塗装されたお家のbefore⇒after写真です。

(2階部分はモルタル外壁なのでクリヤー塗装ではありません)

デザインは変わらず色つやがはっきりしているのがわかりますね。

特にサイディング外壁はデザインが多種多様でおしゃれなものが多いため

見た目を変えたくないというお客様も多くクリヤー塗装を希望される方も多いです。

before
after

こちらの写真は同じサイディング外壁ですが、塗りつぶし塗装で塗装し

ガラリと色も変えた場合のbefore⇒after写真です。

 

塗りつぶしとクリヤー塗装どちらの方が良いとは一概に言えませんが、

塗りつぶしの場合はほぼどんな条件でも塗装可能ですが、クリヤー塗装の場合は

いくつかの条件と注意点があることは必ず頭に入れておいた方が良いでしょう。

ではクリヤー塗装が出来る条件とは?

クリヤー塗装が出来る条件としては

 

①外壁の劣化がなく、下地がキレイな状態であること

(弊社では築8年未満の住宅であることを基準としています)※下地の状態により多少の前後あり

 

②無機系のタイルやレンガを使用した外壁ではないこと

 

③クリヤー塗料を弾く外壁ではないこと

 

以上の3点が問題なければクリヤー塗装を行うことは可能です。

ではなぜこの3つが重要なのか少し詳しく説明していきます。

①外壁の劣化がなく、下地がキレイな状態であること

まずこのお宅にあてはめて見ていくと、サイディングの反り返りなどはみられましたが、そのほかに激しく劣化している部分は見られません。遠目ではわかりずらいですが、シーリングの劣化が原因でサイディングが反っていたと思われますがシーリングは全て打ち替えてしまうので問題はありません。

②無機系のタイルやレンガを使用した外壁ではないこと

レンが汚れ

クリヤー塗装はレンガ調・タイル調だけでなく、本物のタイルやレンガにも塗装可能です。ですが無機系のレンガやタイルは本来塗装が必要ない外壁材です。そのためクリヤー塗装したところで、外壁材よりも早く塗装が劣化してきてしまうため、塗装を行う意味が無くなってしまうためです。

③クリヤー塗料を弾く外壁ではないこと

まだあまり多くのお宅に該当することではないと思いますが、光触媒機能や親水性機能が既に付いている外壁は、クリヤー塗料を塗装すると施工不良の原因となってしまう恐れがあるため、使用は控えた方が良いでしょう。

それ以外にも今少しずつ注目され始めている、無機コーティング塗料や無機塗料、フッ素樹脂クリヤー塗装が塗装されている外壁や表面がコーティングされていない窯業系サイディング材などは、施工を控えるよう伝えている商品もありますので要確認です。

 

あるいは、表面が比較的つるつるしている金属系サイディングも、サイディング下地との密着性が悪くなるため、クリヤー塗料が使用できないことがあります。

クリヤー塗装をする際の注意点

さて、次はクリヤー塗装を行う際の注意点を2つお伝えしていきます。

 

①シーリング(コーキング)には絶対にクリヤー塗装を行わない事

 

②今後もクリヤー塗装をしたいなら、

外壁塗装の平均塗り替え時の10年よりも早め早めに塗り替える事

 

以上の2点は厳守、要確認です。

 

まず①のシーリングの上からクリヤー塗装をしない事については

最近ではシーリング材もノンブリード(汚染による黒ずみやべた付きなどを抑制する)タイプが主流で、

このノンブリードタイプのシーリング材とクリヤー塗料は相性があまりよろしくありません。

その為、シーリングと塗料が密着せず後々シーリングの部分のクリヤー塗装が剥がれたり

割れたりということが起きてしまう可能性が非常に高いです。

シーリングがノンブリードタイプではない場合は通常よりも早くにブリードしてしまいます。

※ブリードとは「簡単に説明するとシーリング材の成分が塗膜を柔らかくしてしまい、

ベタベタしたり空気中の塵などを吸着しやすくなり汚れてくる現象」

 

②の外壁塗装の平均塗り替え時の10年よりも早め早めに塗り替える事については

まずクリヤー塗装の耐久年数は使用するクリヤー塗料にもよって変わってきますが、

一番良いフッ素系を使用しても10~12年程しかありません。更にクリヤー塗装を行う場合は

下地の状態が良くなければならないという条件付きなので、10~12年よりも早め早めでこまめに

クリヤー塗装していかなければ長い期間を同じ外観で保つのは難しいでしょう。

 

なので、3回目4回目の外壁塗装もクリヤーで塗装したいというのはあまりお勧めできません。

どれだけこまめにメンテナンスしていてもいつかは外壁にクラックなどが入るでしょうし、

それを補修して塗装したとしても塗りつぶしの様に色がついていない為補修跡を隠すことができませんので

お家を購入して最後までずっとまるっきり同じ外観を保つのは難しいでしょう・・・

分からないことは全て相談!

ここまでだらだらと説明してしまいましたが、

読んでもわかりません!

結局のところどうしたらいいの!?

 

なんて思われた方もいらっしゃると思います。

そんな時は迷わず業者に相談することです!念のため2~3社ほどに現場調査をしてもらい

我が家にはクリヤー塗装が可能なのか?可能だけど塗りつぶしの方がいいのか?

 

などなど疑問なことはどんどん質問してしまいましょう!

その何社かの中に弊社も入れていただけたら幸いです!

 

弊社は点検・現場調査は出張費等も一切いただいておりません!

全て無料でご相談・お見積りさせていただきますのでお気軽にお問合せくださいね★

★お問い合わせフォームはコチラから★

吹田市、豊中市、大阪市、茨木市、高槻市やその周辺のエリア、その他地域で外壁・屋根の塗り替え、リフォーム前の無料点検をお考えの方へ

住まいの塗り替え、リフォームの点検、お見積りなら街の外壁塗装やさん吹田店

ご不明点やご相談など塗装のことなら
何でもお問い合わせください。
お電話でのお問い合わせ 9時~20時まで受付中
phone0120-920-841
外壁の塗り替えに関するご相談は街の外壁塗装やさん吹田店に