大阪の外壁塗装・屋根塗装、サイディングの張替え、防水工事などの外装リフォームは街の外壁塗装やさん吹田店へ。

外壁の塗り替えなら街の外壁塗装やさん吹田店

街の外壁塗装やさん吹田店

〒564-0043

大阪府吹田市南吹田5-2-5

TEL:0120-920-841

FAX:06-6310-7758

おかげさまで吹田市、豊中市や大阪市で多くの外壁の塗り替えご検討中のお客様に選ばれています
お問い合わせ 点検・調査・お見積り・ご相談など無料で承ります!

お電話でのお問い合わせ

phone0120-920-841

[電話受付時間] 9時~20時まで受付中

メールでのお問い合わせ
  • HOME 
  •   > ブログ > 吹田市で木造2階建てスタッコ調外壁塗り替えの現場調査に行きま...

吹田市で木造2階建てスタッコ調外壁塗り替えの現場調査に行きました。


吹田市では珍しく植木が多くて足場組みが大変そうな現場です。

建物の近くに植木が有ると施工中に植木の枝が折れるというトラブルが

発生する可能性が有ります。

特に足場仮設の際には慎重に作業しなければなりません。

高価な松などは特に神経を使います。

事前に特に大事な植木は聞き取りをするなどの情報を得ながら作業

していきます。

家の周りの片付け等足場組みがスムーズに進むように前準備が大切です。

お客様にお願いして大事な品物は室内に入れてもらうようにしています。

念には念を入れてお客さにはご迷惑が掛からないことを第一に作業を

慎重に進めなくてはいけません。

こちらの建物の外壁はスタッコ調仕上げになっています。

写真でお分かりと思いますが珪砂と塗料を混ぜたものを吹付けます。

そしてローラーで押さえるとこんな感じの模様に仕上がります。

10年位前によく流行った工法です。

こちらの建物は築27年で一度も塗り替えをしていないそうです。

年数の割には外壁はそんなに劣化していません。

不思議なくらい痛んでいないですね。

家の周りに大きな木があるので紫外線もあまり当たらないせいかも

しれませんね。

汚れはついていますが本体はしっかりしています。

こういう所にも植木の偉大な影響を感じますね。

外壁の面積の半分ぐらいはツタが這っています。

外壁塗装する場合はこのツタを撤去しなければなりません。

方法としてはガスバーナーで焼くか手仕事で撤去するかしかありません。

ツタは壁の中まで入りこんでいるので完全に撤去することはできません。

よくツタを這わしている家を見かけますが建物のためにはいい事有りません。

壁の内部でツタが腐ると外壁自体がもろくなります。

いろんな面でよく検討してから実行された方がいいと思います。

 

外壁にカビが発生しています。

この面は日当りが悪いのが原因と思われます。

この面はバイオ洗浄する予定です。

バイオ洗浄とはカビ菌などを防ぐ効果がある薬剤を使って高圧洗浄します。

薬剤を先に散布し20分後に水で洗浄します。

薬剤は植木などにかからないように養生が必要です。

スタッコ調の外壁は汚れが付きやすい材料なので全体の高圧洗浄は

省くことはできません。

 

ベランダの軒裏になります。

ここも蜘蛛の巣が張っています。

綺麗に洗浄して塗装仕上げです。

ベランダの軒裏はケイカル板を使っている場合多いです。

ケイカル板とはセメントを圧縮して加工したものです。

軽量で扱いやすいので軒天井などによく使われています。

直接雨の当たる所には不向きな材料です。

こちらのベランダの軒裏にはシミもないので今の所雨漏りは

なさそうです。

ベランダからの雨漏りで一番多いのがドレン(排水口)廻りから

というケースです。

そのあたりもベランダの上から点検する予定です。

軒裏の隅に蜂の巣らしきものが見えます。

これも塗装前に撤去してほしいと頼まれました。

正直あまりうれしい作業では有りませんが危険のないように配慮

しながら処分しなければなりません。

当社の社員も現調時に蜂に刺された者もいますので慎重に

作業する事です。そしてお客様に気に留めておいてほしい事が1点あります。

廻りに植木の多い住宅の場合一番の困りごとは木の葉による

樋のつまりです。

今回も洗浄時に点検予定ですが年に1回程度は清掃が必要です。

雨戸、庇も劣化が進んでいます。塗装が必要です。

雨戸は新築時には焼き付け塗装された商品が来ますので

耐久性はいいものです。

10年後建物の塗装時でも雨戸が劣化していなければ塗装しない

方が長持ちします。

雨戸などの塗装は変色してきた場合の最終手段として捉えて下さい。

庇は家にとって重要な役割を持っています。

窓の上には必ず庇が有ります。

庇が有ると雨が直接かかりにくいので窓を開けていても

雨が入りにくいという長所があります。

そして夏の日差しを遮ってくれます。

種類も木製、アルミ製などが有ります。

庇は住宅の中は厳しい環境下に置かれているので

劣化のスピードが速いです。

点検の上劣化している場合は塗装が必要です。

同じ工事を行った施工事例

同じ地域の施工事例

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ
new画像

ブログアイコン 大阪市内で現場調査

コンクリート打ちっぱなしの3階建て住宅の現場調査に行ってきました。 現状はかなり劣化しておりガタガタでした。 鉄格子も錆が酷く、ケレン→錆止め→塗装が必要になります。 外壁の横に走ってる目地があります。こちらは、シーリングの増し打ちが必要で… 続きを読む
new画像

ブログアイコン 大阪市生野区で行った4階建てマンションの高圧洗浄・養生作業

こちらの4階建てマンションの高圧洗浄の様子をお伝えしたいと思います。マンションの共用部は水漏れや入居者様に水が掛かったりなどのリスクがある為洗浄をする事はあまりないのですが、今回20年ぶりに塗装をされるとの事で、思い切って洗浄をする事になり… 続きを読む
new画像

ブログアイコン 大阪市西区で外壁サイディング下塗り・車庫の天井デッキプレートの錆止め

こちらがサイディングの下塗りの様子です。上から順に塗装していきます。 こちらのパーフェクトサーフを使用しております。窯業系サイディングボードの塗替えに最適な下塗り材です。下地の隠ぺいに優れているので、淡い色から濃い色への変更は勿論ですし、濃… 続きを読む
吹田市、豊中市、大阪市、茨木市、高槻市やその周辺のエリア、その他地域で外壁・屋根の塗り替え、リフォーム前の無料点検をお考えの方へ

住まいの塗り替え、リフォームの点検、お見積りなら街の外壁塗装やさん吹田店

ご不明点やご相談など塗装のことなら
何でもお問い合わせください。
お電話でのお問い合わせ 9時~20時まで受付中
phone0120-920-841
外壁の塗り替えに関するご相談は街の外壁塗装やさん吹田店に