大阪の外壁塗装・屋根塗装、サイディングの張替え、防水工事などの外装リフォームは街の外壁塗装やさん吹田店へ。

外壁の塗り替えなら街の外壁塗装やさん吹田店

街の外壁塗装やさん吹田店

〒564-0043

大阪府吹田市南吹田5-2-5

TEL:0120-920-841

FAX:06-6310-7758

おかげさまで吹田市、豊中市や大阪市で多くの外壁の塗り替えご検討中のお客様に選ばれています
お問い合わせ 点検・調査・お見積り・ご相談など無料で承ります!

お電話でのお問い合わせ

phone0120-920-841

[電話受付時間] 9時~20時まで受付中

メールでのお問い合わせ

八尾市 N様邸 瓦漆喰補修工事をしました。


今回は瓦の漆喰補修を行います。漆喰とは瓦と瓦の隙間に雨水が入らないようにするために施工するセメントのようなものです。

瓦は50年もつといわれていますが、漆喰はだいたい20年に一回は補修が必要になります。

瓦を入れ替えるまで二回は必用ですね。みなさんはだいたい外壁の塗装と一緒にされるお客様が多いです。

屋根に瓦がひきつめられていますが、一枚一枚重なっている隙間に漆喰があるかというと違います。実際に漆喰がある場所は限られています。

ほとんどが屋根のてっぺんにある棟といわれている部分の両側に塗られています。

職人さんが一か所ずつ丁寧に古い漆喰を剥がしています。漆喰の役割は瓦と瓦をくっつけるだけではなく、天然の除湿器、加湿器ともいわれています。湿気は通気性がよく、湿度があるときは湿気を吸い込み、乾燥している時は湿気を吐き出す性質があります。まちがってもここの箇所をコーキングなどで埋めてしまうと、湿気で中の木材が腐ってしまうのでしてはいけません。

順調に漆喰を剥がしています。今回は割れている瓦屋根はなかったので、交換の必要はありませんでした。

このようにもとの漆喰が欠けたり、カビがはえていたり、したら交換が必要な合図です。

古い漆喰を剥がして塗り終わったのがこちらです。 一点の黒い部分もなく真っ白塗られています。

遠くから撮った写真がこちら。 遠くから見ても漆喰が塗りたてなのがわかりやすいですね。

鬼瓦と呼ばれる部分もしっかりと漆喰を補修しています。

鬼瓦とは鬼面が彫刻されていない鬼瓦も鬼板という。

一般的に鬼瓦といえば、鬼面の有無にかかわらず棟瓦の端部に付けられた役瓦のことをいう

造りが特殊な屋根で棟が家の中心にあり少しずれています。

なので中心に鬼瓦が二枚向き合うようになってます。

施工するうえで特に問題はありません。

工期は一般的な一軒家であればだいたいが一日で終わります。

同じ工事を行った施工事例

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ
new画像

ブログアイコン 足場固定の為、壁に開けた穴を埋める「タッチアップ」作業の様子

こちらの現場では外壁はモルタルとタイルの2種類あります。 白い部分がモルタル外壁、深緑の部分がタイル貼りの外壁です。   写真上で赤丸がついている個所に壁繋ぎと呼ばれる部材があり 赤丸の箇所全て外壁に穴が開いている状態です。   この穴を足… 続きを読む
new画像

ブログアイコン 箕面市の外壁工事が終了した現場ではまだ内装工事が進行中です。

箕面市にある外壁改修工事を行っていた4階建てビルでは 足場解体後も室内の工事を行っています。 今後、追加工事になる可能性もあるので室内の様子もご紹介します。   ★現場調査の様子 ★足場解体前日の様子 階段木製手すり 最上階の鉄骨天井 最上… 続きを読む
new画像

ブログアイコン 豊中市の4階建てマンションは共有部分も工事、設備品も交換予定

来月から全面改修工事がスタートする豊中市の築40年4階建てマンションです。 前回外壁の状態について詳しくご説明させていただきましたので、 今回は共有部分や設備品、鉄部などの様子をご紹介していきたいと思います。   ★外壁タイル、モルタル面の… 続きを読む
吹田市、豊中市、大阪市、茨木市、高槻市やその周辺のエリア、その他地域で外壁・屋根の塗り替え、リフォーム前の無料点検をお考えの方へ

住まいの塗り替え、リフォームの点検、お見積りなら街の外壁塗装やさん吹田店

ご不明点やご相談など塗装のことなら
何でもお問い合わせください。
お電話でのお問い合わせ 9時~20時まで受付中
phone0120-920-841
外壁の塗り替えに関するご相談は街の外壁塗装やさん吹田店に