大阪の外壁塗装・屋根塗装、サイディングの張替え、防水工事などの外装リフォームは街の外壁塗装やさん吹田店へ。

外壁の塗り替えなら街の外壁塗装やさん吹田店

街の外壁塗装やさん吹田店

〒564-0043

大阪府吹田市南吹田5-2-5

TEL:0120-920-841

FAX:06-6310-7758

おかげさまで吹田市、豊中市や大阪市で多くの外壁の塗り替えご検討中のお客様に選ばれています
お問い合わせ 点検・調査・お見積り・ご相談など無料で承ります!

お電話でのお問い合わせ

phone0120-920-841

[電話受付時間] 9時~20時まで受付中

メールでのお問い合わせ
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について
  • HOME 
  •   > ブログ > 八尾市でALC外壁塗装、屋上防水の現場調査に行ってきました。...

八尾市でALC外壁塗装、屋上防水の現場調査に行ってきました。


屋上防水劣化

13年前に屋上の防水工事をされたそうです、前回は塗膜防水で施工していますが13年経過すると

地肌が見えます。今の処雨漏りはしていないそうですがいつ雨漏りがしてもおかしくない状態ですね。

早急に対処の必要が有ります。

屋上目地部分クラック発生

屋上の目地部分に大きなクラックが発生しています。今にも雨漏りしそうで危険な状態になっています。

塗膜防水は7~8年位で劣化が進んできます。今回は10年保証の塩ビシート防水を提案します。

屋上防水劣化進行

塗膜防水層が無くなり元々のコンクリートが見えています。黒く見える所が下地のコンクリートです。

最近は防水の材料も改良されていい物が各メーカーから出ていますが主流は塩ビシートです。

屋上ヒビ割れ

あちこちにヒビ割れが目立ちます。今の所雨漏りはしていないそうですが早急な対処をお勧めしました。

塩ビシート防水とは簡単に説明すると太陽光に強いゴムシートを屋上全体に貼っていく工法です。

笠木継ぎ目ヒビ割れ

屋上笠木はアルミ板を使用していますが継ぎ目部分のコーキングがヒビ割れしています。

笠木部分の下地には防水処理はされていないので雨が侵入すると即雨漏りに繋がります。

笠木からの雨漏りも事例が沢山ありますので注意が必要です。

ALC板リブ仕様

外壁の前面はリブ仕様と言って模様のついたALC板を使っています。この建材の場合目地部分多いので

塗料が約20%位沢山消費します。塗料を注文する際には塗布量を多めに考慮する事を忘れないように

しなくてはなりません。

外壁チョウキング現象

前回の塗装から13年経過しています。さすがに手で触ると白い粉がつきますね。

これがチョウキング現象というものです。チョウキング現象を起こしている外壁の塗装をする場合は

高圧洗浄で丁寧に白い粉を落とさなければ密着が悪くなるので洗浄が大きなポイントになります。

目地シーリング打ち

東面は月極め駐車場になっています。建物がないので常に風雨にさらされています。

目地のシーリング材は弾力がなくなりクラックが入っている所もあります。

建物の横が開いているのは解放感があり気持ちがよい面もありますがメンテナンスを

小まめにする必要が出てきます。外壁のALC板は継ぎ目部分のシーリングが劣化して弾力が

なくなるとヒビ割れを起こし雨漏りの可能性が高くなります。通常のモルタル壁より小まめな点検と

メンテナンスが建物を雨漏りから守る重要なポイントになります。

ベランダクラック有り

ベランダの点検をしています。アルミのテラス屋根が付いていますので直接は雨が当たらないようです。

ベランダの一番外部分に大きなクラックが見えます。この部分は雨がよく当たる所ですのでこのまま

放置するのは危険です。ベランダの下は室内ではないので部屋に雨水が回る可能性は低いと

思いますが雨水の侵入経路はいろんなケースがあるのでベランダも防水をした方が無難な選択に

なると思います。

ALC目地シーリング打ち

目地のシーリング部分が黒くなっているのがわかると思います。この現象はシーリング材に含まれている

可塑剤に汚れを付着する性質がある為です。可塑剤はシーリング材に弾力を持たせるのに必要な物です。

痛し痒しの関係ですが最近は改良されてノンブリードシーリング材という商品が主流になっているので

目地が黒く汚れるという心配はなくなりました。

同じ工事を行った施工事例

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ
new画像

ブログアイコン 大阪市にて住宅リフォーム 塩ビシート機械的固定工法(遮熱シート防水)

今回の屋上防水工事の内容は、機械的固定工法または、絶縁工法といいます。防水シートを鋼板やビスによって固定する工法になります。 機械的固定工法とは、絶縁工法とも呼ばれていて、防水シートを鋼板やビスによって固定する工法となっています。下地に直接… 続きを読む
new画像

ブログアイコン 高槻市にて外壁塗装工事~外壁塗装・水性シリコン塗料~④

下塗り材には、日本ペイント アンダーフィラー弾性エクセルを使用しています。こちらの特長としては、シーラーとフィラーの機能を兼ね備えているので、様々な種類の既存塗膜に直接塗装が出来るという事です。そしてヘアークラックに追随する可とう形改修用仕… 続きを読む
new画像

ブログアイコン 高槻市にて外壁塗装工事~足場設置・高圧洗浄~③

こちらの赤枠にある、足場の下に敷いてある四角い板のようなものは、「敷板」または「アンダーベース」と言います。こちらの役目は、地盤の不等沈下の恐れがない整地した上で設置するアンダーベース(敷板)は、集中荷重による足場の沈下を防ぐためなんです。… 続きを読む
吹田市、豊中市、大阪市、茨木市、高槻市やその周辺のエリア、その他地域で外壁・屋根の塗り替え、リフォーム前の無料点検をお考えの方へ

住まいの塗り替え、リフォームの点検、お見積りなら街の外壁塗装やさん吹田店

ご不明点やご相談など塗装のことなら
何でもお問い合わせください。
お電話でのお問い合わせ 9時~20時まで受付中
phone0120-920-841
外壁の塗り替えに関するご相談は街の外壁塗装やさん吹田店に